起きもしない未来ではなく、今の現実を直視すれば、道は拓ける


ナカタケです。

人のエネルギーが浪費してしまうのは、
自動原因探査プログラムが、インストールされてるから。


これは「何ぞや?」と言えば、読んで字のごとく、
問題を起こしている原因を、
意識せずとも自動で探してしまうプログラムのこと。


今、定めている目標に向かって進んでいくだけのエネルギーがあれば、
「エネルギーは十分」だと思われます。


ですが、エネルギーを浪費してしまってる原因があるのです。


このエネルギーの浪費グセが引き起こすのは、
心配性や、最悪の場合、うつなどですが、

これらはなぜ起こってしまうのか?

目標に向かって進もうとすれば、
どうして邪魔者が入るのか?

これらの問いを解消していきます。


エネルギーはケアしないと勝手に下がる?


エネルギーを浪費させている、
自動原因探査プログラムというのは、

過去の失敗やトラウマなど、
自動でネガティブな思考と
結びつけてしまう、
というタチの悪いプログラムのことです。



このプログラムは、
「いつ起こるのか?」というと、

現実から目を背けた時や、
すでに現実を直視できない習慣が、身についている場合。


現実を直視しなければ、自分が下した選択にさえ、
責任を持たなくて済みます。


他人や時代、環境のせいにしていれば、
自分を改める必要がないので、

わざわざ自分の見たくないところにまで、
見て見ぬフリをする事ができるんです。


自分の見たくないところに気がついてしまえば、
「仕方ない。自分を磨き高めるしかない」と、
諦めが付くのですが、


「自分は悪くない。相手が悪い」
「自分を認めない時代が悪い」
「自分の良さを認めないのが悪い」


という、

・相手をコントロールではなく、相手を読むエネルギー
・時代の流れを読むエネルギー
・自分だけでなく、相手の良さを認めるエネルギー

が、
養われないのです。


これはかなりヤバイ。


さらに時代に置いてしまうばかり。


人が行動できない原因を、
「前世に何か原因があるからだ」

とか、

「親が教育を付けてくれなかったからだ」

とか、
何かにつけて、
ネガティブな思考と結びつけるのです。


どうして現実をネガティブな思考と結びつけるのか?
というと、

脳が高性能すぎるから。


人の脳は高性能過ぎる



高性能であるが故に、色んな思考が脳内を飛び交い、
よけいなエネルギーを浪費しているのです。


一点集中すればいいものの、
人の脳は高性能であるが故に、

「それが起こらないようにするには、どうするのか?」
と、

起きもしない未来にエネルギーを使い、
目の前の現実を、直視できないでいます。



これがいわる「現実逃避」だったりするのですが、
不安が強くて、
現実から逃げるのではなく、

脳内に不安を起こすようなバグが起こっているのです。



バグがエネルギーを浪費させて、
人間が本来から持っている能力を発揮できずにいます。


このバグは、どんな時に起こるのか?

それは脳の構造を見ていけば分かります。


脳の構造


脳の構造を、おおまかに分けてみれば、
〈古い脳〉と〈新しい脳〉とに、
分けることができます。


古い脳とは、生命を維持するための本能で、
意識せずとも呼吸や発汗するのも、
この本能があるからで、

この古い脳にバグが生じてしまうのは、
エネルギーが下がっているから。



この状態が続けば、理性をなくし、
おかしな方向へと進んでしまいます。


依存症やメンヘラと呼ばれる人も、
この古い脳にバグが生じているからで、
通常よりもエネルギーの浪費が激しい。


・やたら疲れてる
・顔色がいつもおかしい
・ほおがこけている
・ちゃんと飯食ってる?

また、
・話してるだけで疲れる
と思える人は、

常にエネルギーを浪費しまくっているので、

理性を取り戻し、
通常の思考をするには、かなり難しくなります。



食生活も、エネルギーの低いものを選びがちで、
添加物まみれの食事が多くなる傾向があります。


不健康な人ほど、不健康な食事をするのも、
こういったプロセスがあるからです。


エネルギーが下がり、
理性があまり機能してないのも、
エネルギーを下げる食事をしているのも原因です。

エネルギーが高い人の習慣とは?


エネルギーが高く、
いつもパフォーマンスが高い人は、

食事を気をつけてることはもちろん、
健康面でも十分なケアをしていて、

メンタルも整っているので、
人間関係だけでなく、仕事でも上手くいくのです。



エネルギーを一点に集中するには、
エネルギーを浪費させている原因をなくし、
脳のバグをアンインストールする必要があります。



アンインストールするためには、
例えば、人間関係が上手く行かないのは、

相手に原因があるのではなく、
「もしかすると、自分の脳にバグがあるから」
と、少し疑ってみるのも手です。



相手の人は、
自分のあり方を写しくれる鏡であると思えば、

「自分のことを分かってくれない」のは、
「自分が相手を分かっていない」のです。


「話が伝わりにくい」のは、
「相手の話を聞いていない」のです。



相手のエネルギーを感じ取れてないのです。



いつも同じような事に悩まされるのも、
脳のバグが起こしているのが原因であって、
自分の人格の責任ではないのです。

望みを叶え「自分を生きる」とは?



人格は習慣から形成されるので、
今日意識したから改善されるものではなく、

一つづつ積み上げるように、
変えていくしかないのです。


エネルギー的にみれば、
相手に誠実であることは、
相手のいいなりになることではなく、


・相手の思いを感じ切る
・自分の思いを相手に伝える

ことです。



一番、大事なのは、本音で生きること。


時には相手とぶつかり合うことも避けられません。


「見て見ぬフリをしておこう」
と、自分を誤魔化すよりも、


「あなたはもっとできるはずなのに、どうしてそんな小さなことで悩んでるのか?」

と、
本音を放つことも必要。


自分を生きることは、
「それでも自分は進むのか?」と、
お試しが入るようにできています。


「これがやりたい」と言えば、
「お前ができるはずがない」と言われることも。


それでも進んでいく人が、
自分の望みを掴み取ることができるのです。

 


ビジネスの本質をエネルギー論で解説した
メルマガでも詳しくお伝えしているので、
ご登録してみてください^^

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です