ゆるい人がなぜ上手くいくのか?固定概念を外し自然体を掴む方法について


ナカタケこと中野丈矢です。



エネルギーの原理原則として、

エネルギー低い=安定
エネルギー高い=不安定

という概念があります。


よく「固定概念を外せ」ってありますが、
固定概念は、「固定」した「概念」として存在します。



なので、エネルギーとしてめちゃんこ低い。


「固定」した物の見方、
「固定」した生活、
「固定」した考え方、

などにつながってしまい、
物の見方が狭くなると、

「頭がかたい」「ガンコだ」となります。



では、固定概念はどうして少ない方がいいのか?

そして、エネルギーを高めて能力を発揮するには?

についても、この記事で書いてみます。

 

どうして”自然体”なのか?

 

 

 

僕はフィットネス感覚で、ボクシングジムに通っています。

別に世界チャンピオンになりたいわけではなく、
激しい運動をすることで自分が整うことを知っているからです。


そこでサンドバックを打ちながら、
いかに強い右ストレートが打てるのか?
を意識しながら打ってました。



反動をつけて打ったり、
手を後ろに引いて打ってみたり、
色々と試してみました。


しかし、
大きなパンチは、
「あっ、打ってくるな」

と相手にスキを与えるどころか、


ガードができなくなり、
逆に強烈なパンチを食らいます。



ジムにいるプロの方の練習を見ていると、
小さなフォームで、強烈なパンチを打っているのが分かりました。



それも力みのないフォームで打っているのです。



「自然体」という言葉がありますが、力みのない自然体でこそ、
大きなエネルギーを出せるんだと思ったんです。




「強く打とう」として、
ガチガチで力んでしまうと、
エネルギーは下がります。


サンドバックを打っていると、
自然体でパンチを打つ感覚がつかめてきました。



「力まずに強烈なパンチを打つ」

簡単なようで難しいのですが、
自然体のフォームでこそ、
強いパンチを打てるのです。



これを体感として実感できたのは、
ゼロ・ポジションをつかんだからです。



ゼロ・ポジションというのは、
体に力みのない姿勢のことで、


この姿勢でこそ、
最も人の能力は発揮できるのです。



たくさんサンドバックを打っていると分かるのですが、
ひじを一番脱力させ、右手拳をあごにくっつけている姿勢が、

一番リラックスできますし、
一番強烈なパンチを繰り出せるのがわかりました。



このゼロ・ポジションを掴む前と、掴んだ後では、
サンドバックをたたいた音がまったく違うのです。



「パン!パン!」と響きの浅い音から、
「ドスーン!ドスーン!」と重低音が響きわたるのです。



それも、力みがないので、
疲れは少ないので、どんどん練習ができるのです。


でも、
「強いパンチを打つには
体にも力を入れて、エネルギーを貯めて打つ」

という固定概念があれば、
ゼロ・ポジションに気づくことはなかったでしょう。



リラックスした自然体でこそ、
強烈なパンチが打てるんだ、と

これまでの固定概念を外したらからこそ、
このような体験ができたんだと思います。



僕は昔から野球をしてますが、
バッティングでも力んでしまうと、

ホームランを打てるはずが、
内野フライになることもあります。



「力むなよ!」と監督に言われても、

遠くへ飛ばそうとすれば、
自然と力んでしまいます。



けれど、プロ野球選手が打つホームランは、
力みのないフォームで打っているのが分かります。

 

西武ライオンズの4番バッター中村剛也選手。
脱力したフォームで、ホームランを量産!

 

コンサルでの心構えも変わった

 

コンサルの時でも、
前もって伝える内容を決めてお伝えするよりも、

自然体でコンサルしてクライアントと話してる方が、
「今日の内容は濃かったです」と言ってもらえます。



もちろん、前もって伝える内容を決めてた方が、
やる側としては安心感はあります。



しかも、前もって内容を決めてるわけで、

今、目の前のクライアントではなく、
記憶の中にいるクライアントを想像しているので、

「固定概念」を通じて、伝えていることになります。



ですので、
コンサル中のエネルギーはどうしても低くなってしまいます。



仕事のパフォーマンスを高めるためにも、
自然体で臨むことはかなり意識せざるを得ないのが正直なところ。


お金持ちにゆるい人が多いのも納得できます。






バットを持ち打席に立って力んでしまうのも、
お伝えする内容を決めたりするのも、

日頃から自分を磨き上げていれば、
「自分は打てるんだ」と自信が芽生え、

力みなく打席に立てますし、
日頃から色んな経験をしたり学んだりしていれば、

前もってお伝えする内容を決めなくても、
リラックスしてコンサルできるので、

クライアントの人生もより豊かになっていきます。



固定概念とエネルギーのお話でしたが、
いかに固定概念がエネルギーを下げるのかお分かり頂けたら幸いです。

 

自然体でいるには?

 

「自然体でいる」

できそうで、なかなか難しいのですが、
僕がサンドバックを叩きまくった経験からお伝えしますと、

「量をこなすしかない」としか言えません。



いくら素晴らしい情報を持ってても、
試さないことには「固定概念」を外して、
「自分の自然体」は掴むことはできません。


自分には文才がない
自分にはコミュニケーションがない
自分には魅力がない


といった、
「ないないづくし」の固定概念ではなく、
自然体でいることが、才能の発揮につながるんだと心得てみてください。

 

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です