大きいエネルギーは教育と統合により生まれる。


どうも、ナカタケこと中野丈矢です。

「クライアントの成果を出したい・・・」

コンサルタントとしての仕事術や、コーチングのスキルを上げていくのなら、人づくりの要素は欠かせません。

人づくりというのは、教育のことですが、「こうやれば稼げます」「この方法で幸せになれます」といった情報ビジネスではありません。

また、「自分を教祖化」「信者を集める」「お金をもらう」ような教祖系ビジネスが教育でもありません。

では、人づくりとはいったいなんなのでしょうか?

エネルギーの観点から、この記事でお伝えしていきます。

 

情報ビジネスで稼ぐ事の限界


情報ビジネスというのは、情報を売ることで事業を成り立たせること。

情報起業家が過去にたくさん活躍してましたが、彼らのほとんどが今では活動すらしていません。

しかし、ごく一部の人が今でも活躍しています。

情報起業家として今でも活躍してる人と、そうでない人との決定的な違いについてまずは見ていきましょう。

活動すらしていない情報起業家

かつては「簡単に稼げます」「パソコン1台で自由な暮らしが実現できます」「らくらく簡単に」といった言葉がひと昔前ではSNSを開けばたくさん目に飛び込んできました。

しかし、今ではあまり見なくなったと思いませんか?

なぜならば、情報ビジネスだけでは、もはや限界がきてしまっているのです。

「これさえやれば・・・」「これであなたも・・・」といった言葉ではなく、人はエネルギーとして感じる存在です。


情報起業家として活躍してる人は今でもいますが、すでに活動がない人との違いはやはり「人づくりができているかどうか?」なんです。

 

活躍する人としない人との違い

これからは人づくりのできる人こそが、活躍できる時代です。

その兆しは、情報起業家が少なくなってきていることから顕著なように、「自分よりも能力の高い人を育てられる人」「自分がいなくても機能する仕組み」があるかどうかで、活躍できる人とそうでない人とに区別されます。

「人づくり」と言っても、ゼロから100まですべて教育することではありません。

ゼロから100まで手取り足取りを教えてくれるのは、ひょっとすると学校教育だけかもしれません。

学校を卒業すれば、僕たちは自分で考えたり感じたり、行動することで自由を感じる事ができます。

しかしながら、手取り足取り教えられることに、慣れてしまっていれば、どうしても自分で考え行動する事に対して、禁断症状が出てしまい、周りの人に依存するようになります。

 

父性と母性とのエネルギーバランス

事業をはじめることは、檻の中で飼われていたライオンがサバンナで生活するようなことと似ています。

飼育員が決まった時間に餌を与えに来てくれて、しかも安全な檻の中での生活も提供してくれる・・・

ですが、事業をはじめることとは、餌は自分で狩りにいく必要があるし、安全な生活も保証されていません。

しかも事業について学べるシステムがまだ、学校でははじまっていません。

「さっ、今日からすべて自分でやりましょう」
と言われても、何から手をつければ良いのか?パニックになってしまいます。

僕は父性と母性のエネルギーバランスがとても大事だと思います。

「あなたは十分にやっていける」という父性と、「あなたはあなたのままでいい」という母性

この突き放しと寄り添いのエネルギーバランスが、人づくりにはとても大事になってきます。

エネルギーバランスが崩れると人を弱らせてしまう


解き放し(父性)のエネルギーが強すぎてしまったり、寄り添い(母性)のエネルギーが強すぎてしまうと、自分で考えたり、自分で行動する習慣が奪われてしまいます。


はじめてヨットをするとき、いきなり「さあ、自分でやりなさい」と言われても、我が子を危険な目に合わせてしまうだけです。

また、24時間365日、すぐ側にいていつでも頼れる環境にいると、自分で考えたり行動する習慣も減ってしまうどころか、その人の能力に頼りっきりになってしまいます。


人づくりには、この父性と母性のエネルギーバランスがとても大事になってくるのです。

 

相反する者の統合でエネルギーが上がる

「人づくり」というのは、お互いのエネルギーを上げることでもあるのです。

相手を理解して、相乗効果を生むことは、まさに「エネルギーを上げる」ということ。

エネルギーとは、相反する者の統合により上がっていくのですから、自分一人でエネルギーを上げるのは、うわ滑りな行為になってしまうのです。

リーダー的な存在が、周りと隔たりを生んでしまうのも、上滑りな行為によるもの。

「人を動かす」という本がありますが、人を動かすというよりも、相乗効果で「では、これからどうやっていくのか?」ということ。

お互いの専門分野を持ち合って協力し合ってこそ、「お互いがお互いを動かす」のであって、「自分が誰かを動かす」といった自分本位な行為ではないのです。


セミナーやグループコンサルに参加されたことはあるでしょうか?

「あっ、エネルギーが上がった」と感じる場面を思い浮かべてください。

そんな場面は必ず、

・相手を受け入れる
・お互いを受け入れる
・未来志向になる

といった一連の流れがあるからこそ。


ですので、

・相手を動かす
・自分の言う通りに動かす
・私の言う通りに動け

といったことが、エネルギーを上げる行為ではなく、むしろエネルギーを奪ってしまう行為でもあるのです。

 

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です