現実が変化しない理由とあなたの本当の役割について


ナカタケこと中野丈矢です。


あなたが最近、現実が滞ってるな〜と感じるのなら、
今回の記事から何かしらのヒントが得られるはずです。


「現実を変化させたい」と思っても、沼に足元を取られてしまい、
進もうとしても進まない感覚がどこかにあるのではないでしょうか?


そんな時はこう捉えるようにしてください。


それは、エネルギーが固まってしまってる、と。


エネルギーが固まってしまうと、現実を変化させたい!と思えど、
昨日と同じ現実を作ってしまいます。



なぜなら、考えるコトも感じるコトも、
そして行動も昨日と同じパターンを選んでるのですから、

変化させようと思えど、
同じ場所でグルグルと回っている状態です。


エネルギーが固まるのは、現実も変化していない状態です。


では、どのようにすればエネルギーは動き、現実も変化してくれるのでしょうか?


この記事で解説していきますね^^

行動しても現実が変化しない?


芸術に触れると「あ〜いいな〜」と感じます。

僕は神戸に住んでるのですが、京都に紅葉を見に行くと「あ〜いいな〜」と感じます。


また、心が揺れ動けば、
それまで固まっていたエネルギーが動きます。

エネルギー動くと、現実が変化するんですね。



そうなると、インスピレーションが降りやすい状態になり、
無理なく現実がスイスイと変化してくれるのです。



エネルギーが動いてない状態では、
「あれもしなければならない」「これもしなければならない」という
思考がパニックになった状態。


焦ってばかりでは体は動いてるけど、
エネルギーは動いていません。



僕がエネルギーが固まっている時は、
肩こりや頭痛がひどい状態でした。


逆に、心を開けば肩こりや頭痛は減り、
苦痛を感じることもなくなりました。


心と体は密接してますが、
もしもあなたの体にどこか痛みを感じるのなら?


心が固まったまま、エネルギーが動かず、
体だけ動いても現実は動いてない状態が続いてる、と言えるのです。



ワンマン経営者


エネルギーが動いてない状態で行動しても、現実は動いてないと述べましたが、
組織のトップがエネルギーが動いてないと、どんな現実が起きるのでしょうか?


エネルギーの動いてないトップが指揮を取る組織は、崩壊へと進みます。


分かりやすい例として、ワンマン経営者が挙げられます。


ワンマン経営者の特徴として、

・耳の痛い意見や提案を受け入れない
・自分の間違いを受け入れない
・周りにはイエスマンしか置かない

といった特徴があります。



エネルギーが動いてないと、
人の意見すら耳に傾けようとせず、
自分の考えに固執
してしまいます。



自分の意見を持つのはいいことですし、
意見を持ち寄って会議を行なう事は会社の活性化にも繋がります。



ですが、間違いや改善点を指摘されても、
自分の間違いを受け入れず、
周りにはイエスマンしか置かない組織はどんどん衰退
していきます。



なぜなら、そこで働く人たちのエネルギーを奪いながら活動してるからです。


離職者の多い会社


エネルギーが動いてない人は、自分でエネルギーを廻せないので、
周りからエネルギーを奪いながら生きています。


後からドッと疲れが来る人などはまさにその典型例です。


離職者の多い会社で働く人たちは、
トップにエネルギーを奪われながら働いてます。




会社ではテキパキと働けても、家に帰れば廃人になってしまうのも、
エネルギーを奪われてしまってるからです。



会社に提案を持ち寄っても、
提案を受け入れないので、働く側はどんどん苦しくなるばかり。



提案を受け入れなければ、エネルギーは動いてくれません。


では、どうすれば良いでしょうか?




自分の役割を思い出そう



組織のトップや、コミュニティーのリーダーがエネルギーを動かせてないと、
そこに集まる人はイエスマンへと仕立上がります。


イエスマンはエネルギーの低い状態。


ですが、中にはイエスマンにはならずに、
組織のトップやコミュニティリーダーに助言をし続ける人が必ず一人はいます。



その一人の存在をないがしろにすると、
その組織やコミュニティーはどんどん衰退していきます。



その一人というのは、どちらかと言えば目立たないタイプであることが多いです。


目立たないタイプですが、その役割は大きく、
トップやリーダーを陰で支えて動かしたりする存在なのです。



僕はこの役割を持つ人を女神タイプと位置づけ、
直接的ではなく、間接的に世の中を動かせる人のことを指します。



このタイプの人は、
起業のスタートアップの時に「やりたいことが分からない」といったタイプですが、
「誰に貢献したいか?」と問われるとスラスラと明確に答えられる存在です。



この女神タイプの人が、組織やコミュニティーの行く末を担ってる、と言っても過言ではありません。



女神タイプはどちらかといえば、自己否定しがちの人が多く、
「自分がそんな役割をしていいはずがない」と固辞します。



ですが、困ってる人がいれば放っておけない性格であるので、
困った人がいると助け、自分の役割に徐々に目覚め出すのです。

あなたの大事な役割とは?


組織のトップやコミュニティーリーダーは、
女神ではなく英雄タイプであることが多く、

このタイプの人は、「世の中を変えたい!」という気持ちで
事業を行なうとエネルギーが高まります。



「世の中を変えたい!」というエネルギーが強い英雄タイプですが、
エネルギーが滞ってれば、「世の中を変えたい!」と口にするものの、
「自分のために動いてくれ!」と言ってます。


自分の思い通りにいかなければ、
思い通りに進むよう周りにイエスマンしか置かなくなります。


その危険を察知して、英雄タイプに助言するのが女神タイプです。


女神が自分の役割に気づかなければ、
その組織やコミュニティーは崩壊へと進みます。


女神が英雄にしっかりと向き合い、エネルギーを流れていくよう導いていくという大事なミッションを持ってます。


もしもあなたが女神タイプだと思うのなら、
暴君化してる人を本当の自分へと導くのはあなたに与えられた役割です。

心を解放しよう


これまで述べてきたように、
英雄タイプと女神タイプとで役割が異なってます。


エネルギーが固まってれば、いくら行動しても変化しずらく
仮に変化してもマイナスな現実へとシフトしていきます。


「現実が滞ってるな〜」と感じるのなら、

・周りの意見を聞いていない
・自分の間違いを受け入れていない

といった傾向があります。


それらの指摘をしてくれる人の存在を大切にしながら、
本当の自分としてエネルギーを世の中に流しながら、
心をどんどん解放していってください^^


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です