お金が入らない原因は「メンタルブロックの外し方」を知らないから。


ナカタケこと中野丈矢です。

お金が入らない人の特徴としてメンタルブロックを理由にしていることが挙げられます。

この記事ではお金のメンタルブロックの正体を暴くと共に、お金のメンタルブロックの外し方について述べています。

また、お金が入らない人は自分の才能や強みに気づけてなかったりします。

なぜ気づかないのか?という部分についてもこの記事では触れています。

お金のメンタルブロックの正体とは?



「お金に対してブロックがあるんです」とは、
未解消にしている課題がある証拠です。


自身のサービスを無料で提供していたり、
メンタルブロックがあるのを理由に、
責任を背負うことから逃げているのです。

・お客さんが納得してくれるのか?
・クレームを受けないか?
・変なお客さんは来ないか?

という理由で、自身のサービスを無料で提供して、
責任を背負うことから逃げているのです。

ビジネスについて学んで実践しよう


ビジネスとは、相手の悩みや課題を解決させて、
人生と事業を底上げさせていくことです。



整体師ならば、
クライアントの「体が痛い」という悩みを解決することが仕事です。



トレーナーならば、
クライアントの「痩せたい」という悩み「体を引き締めたい」という課題を解決することが仕事です。



歯医者ならば、
「歯が痛い」という悩み「噛み合わせを良くしたい」という課題を解決させることが仕事です。




お金のメンタルブロックのある人が未解消にしている課題とは、

自分の仕事を通じて「誰に対して」「何を解決できるのか」を曖昧にしていることです。



その曖昧にしている理由として、

・何をすればいいのか分からない
・自分の強みや才能が分からない

といったものほとんどで、
それらは「自分が分からない」という理由が根本にあるのです。


自分が分からない人のために、ライフコンパス90日プログラムをご用意しています。

メンタルブロックを再定義


お金のメンタルブロックを外すには経験するしかありません。


ですが、ビジネスを経験するにも、
やはり「誰に対して」「何を解決するのか」を明確にしなければなりません。


「好きなことをやり続けていればお金が付いてくる」

と、安易に盲目的になるのではなく、

自分の仕事は「誰に届けるべきか」「その人に何を差し出すのか」といったことも明確にしていかなければなりません。


お金が入らない原因を「お金のメンタルブロックがあるから」という理由で、
未解消にしている課題を避けていると、どんどんお金が入らない状況になります。


また、
・お金は悪いものだ
・お金持は悪い人
・悪いことしなければお金持ちになれない
という理由で、未解消の課題を避けていることほど、時間の浪費はありません。


確かに、「お金のメンタルブロック」を通じてできる経験はあります。


ですが、幸せに稼ぐ生き方は、
未解消にしている課題はなるべく短期間で解消していく生き方です。


お金のメンタルブロックを外していこう


メンタルブロックの正体を見破るためにも、
「自分はどんな思考パターンを持っているのか?」
ということに気づかなければなりません。


自分の思考パターンは、過去からできていて、
そのほとんどが幼少期の経験によるものがほとんどです。


特に、お金に関する思考パターンは、
親や祖父母による思考パターンに影響を受けています。


子育ての段階で、
インストールされた親のお金に対する思考パターンを無意識のうちに学んでいくのです。

親のお金に対する思考パターンは、
その親のお金に対する思考パターンによって形成されているのです。


自分のお金の思考パターンだけを見ていくのではなく、
親や祖父母のお金に対する思考パターンを遡っていくと、

「どうしてこの思考パターンを持っているのか?」

ということに気がつくでしょう。


これには相当なエネルギーを費やしますが、
お金に対する思考パターンに気づくと、
今のパラダイムから抜け出すことも、そう遠くはない未来です。

恐れと共に行動


実際にお金の思考パターンに気づいても、
何の行動もしなければ、本当の意味での課題の解消には繋がりません。


メンタルブロックを外すと、
行動に対する恐れがなくなるのでは?と勘違いしてる人もいますが、
人は変化する際には必ず恐れを抱く生き物なのです。


恐れがない状態をつくるのではなく、恐れと共に行動するしかないのです。



完璧に暗記したとしても、試験会場に行かなければ、
試験には合格することはありません。


「試験に合格するぞ」と妄想するんじゃなく、
試験会場で答案用紙を埋めなければ合格はないように、

現実の中で成功をつかむには、妄想では変化しないのです。



2Dの世界ではあくまでもその画面内での世界。
現実とは3Dなのだから、一方通行ではどうしたって叶わない。


一方通行ではなく、循環させなければお金は入らない。



自分の妄想ではなく、想像していくことが大事。


いわば自分と相手の「想像の世界を共有」することで、価値の循環は生まれるのです。

どれだけ多くの人とシェアできるのか?


今、流行っている商品はすべて
「こんなのがあったらなあ」から始まりました。


その「こんなのがあったらなあ」という想像を、
なるべく多くの人とシェアして製品化したものが大ヒット商品。



自分だけの世界に浸るよりも、
誰かと世界を共有することが、
これからのビジネスとして必要なこと。



「商品が良ければいい」時代は終わりました。
それだけでは買ってくれる人はいなくなりました。


「商品が良ければいい」にプラスして、

「これまでになかった新しい商品」
「価値ある商品であることを言語化」することが、
とても大事になってくるんです。


2Dの世界で「こうすればお客さんは増える」と妄想するよりも、
3Dの世界で「この人と世界を共有したい」と、リアル感がなければ、

どんな良い商品であっても、
「あなたから買いたい」と思ってくれる人は表れません。


妄想ではなく、リアルな場面にこそ、
お金は循環していくのです。

お金のメンタルブロックを外し影響力を身につけよう


この記事ではメンタルブロックの正体と、
メンタルブロックの外し方について述べてきました。

個人でビジネスをやることで、
お金に対する学びを実践と共にすることができます。

日本の学校には「お金の授業」がないので、
個人で学んでいかなくてはいけません。

年金制度も限界を迎えていて、
個人の力で稼いでいかなくてはならない時代です。

そんな時代にこそ、
お金について正しい知識が必要になってくるのです。


お金について学んでいけば、
影響力に繋がっていきます。


影響力が増していけば、
自分の価値をたくさんの人に届けられるのです。


しかし、影響力を身につけたからといって、
自分の本当の価値が届くわけではありません。


では、どうすれば届くのか?というと、
自分の役目(コア)に気づかなければなりません。


自分の役目(コア)に気づくことで、
本当の自分に気づき、自分の才能や強みに出会えるのです。

自分の才能や強みに影響力が掛け算すれば、
現実はどんどん現実化していくのです。


マスタールーティーンでは、
この自分の役目(コア)と影響力(マーケティング)に加え、
教育(メンタリング)の要素を統合させたカリキュラムです。


そのマスタールーティーンの
詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

本当の自分×マーケティング=可能性の最大化


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です