攻撃的な人との付き合い方と対処について


ナカタケこと中野丈矢です。

もしも、攻撃的な人が目の前に表れたら、
「あーめんどくせー」と、
表面的にあしらってしまうのか。

それとも、
攻撃的な態度や、その言葉の背景や裏側を通じて、

「この人から何を感じられるのか?」
ということや、

「何を得て、何を伝えていくのか?」
といったことにフォーカスするのか。


どちらかを選択することで、
この先の未来が大きく違ってきます。


この記事では、攻撃的な人の特徴と付き合い方を、
「エネルギーバランス」という観点を皮切りに、
対処方法について述べています。

人を攻撃する人の特徴

 

心を開くことができない


攻撃的な人は、その分、
「内向的である」という特徴があります。


弱い自分を隠そうとするため、
相手を支配・コントロールすることで、
「強いつながり」を求めています。


ですが、
支配やコントロールでは、
情緒的なつながりが持てないため、
誰に対しても心を開くことが出来ずにいます。



昔の武勇伝ばかり語る人もこのタイプで、
「誰も私の苦労を分かってくれない」がために、
昔の武勇伝をこちらが聞き飽きるまで語ろうとします。


また、攻撃的な人は、
相手が思い通りに動いてくれないと、

自分自身を否定された気持ちがして、
攻撃的な態度を取ってきます。

 

自立した大人になり切れていない

 

日本の学校では、「人との関わり」について、
しっかりと学ぶ機会が少ないのが現状です。


「思いやりを持つことの大事さ」
「相手に迷惑をかけてはいけない」

ということは、
親や先生からは教わりますが、

その親や先生たちも、
あまり理解できずにいるのが現状です。



僕がコンサルしていて思うのは、

「思いやりが支配・コントロールになっている」
「迷惑になることと、意思を伝えること(誠実さ)を履き違えている」

ということです。


また、
ある程度、年齢を重ねていっても、
肉体的には成熟した大人ですが、

精神的には大人になり切れていない人も多いのが現状です。



なので、
攻撃的になることで、
外側は自立した大人に見えますが、

「弱い犬ほどよく吠える」ということわざ?が示すように、
内側は脆く、とても繊細なエネルギーが流れています。



また、
「弱い人」と思われたくないので、
どうしても強がってしまい、
支配・コントロールでつながりを求めようとします。


しかし、支配・コントロールでは、
情緒的なつながりは持てないので、

どうしても、孤独感や寂しさ、
不安感などのエネルギーが流れています。

 

エネルギーを使いこなせていない

 

「思いやりが支配・コントロールになっている」
「迷惑になることと、誠実さと意思を伝えることを履き違えている」

というのは、実を言うと、

男性性・女性性エネルギーのバランスが崩れているからです。



「男性性・女性性エネルギー」と言っても、


「男性しか流れていない男性性エネルギー」
「女性にしか流れていない女性性エネルギー」

といったエネルギーではなく、

男性でも女性性エネルギーが流れていて、
女性にも男性性エネルギーが流れています。


この男性性・女性性エネルギーを簡単に言えば、


男性性エネルギーは、伝達・具現化エネルギー。
女性性エネルギーは、受容エネルギーのこと。



感じて(受容)伝える(具現化)ことで、
エネルギーが流れ出しますが、


攻撃的な人は、
受容エネルギーを無視しているので、
感じることができなくなっています。



攻撃的な人は、どうしても感じる力を使わずに、
自分を伝えようとばかりするので、

自分の内側よりも、
自分の外側の出来事に対して反応しがちです。



「自分はこうしたい」
というエネルギーよりも、

「あなたはこうしなさい」
というエネルギーが、

どうしても強くなってしまうのです。



だから、
どうしても支配・コントロールのエネルギーが強くなり、

相手が思い通りに動いてくれない場合は、
自分自身を否定された気持ちになり、
攻撃的な言葉や態度を取ってしまうのです。

 

攻撃的な人のエネルギーバランス

 

これまで述べてきたことに踏まえて、
エネルギーバランスについて、見ていきましょう。

 

陰と陽のエネルギーの強さは同じ

 

男性がいれば、女性がいる。

朝がくれば、夜がくる。

日が当たる場所あれば、影になる場所もある。

ネアカな人がいれば、ネクラな人もいる。

「無限」があれば、「有限」もある。


というふうに、片方があれば、
必ずその対極となるものが存在します。



この観点から見ても、
攻撃的な人は、強そうに見えて、実は脆く、

今すぐにでも崩れ落ちそうなくらい、
弱っているのかもしれません。



だから、攻撃的であればあるほど、
内面は弱り切っている「誰かに頼りたい」と捉えていて大丈夫です。



「怖い人」「強そうな人」という外側の世界があれば、
「脆く弱い自分」が内側に存在していて、


外側と内側との統合がうまくいかないため、
どこに行っても本当の自分に気づかずにいるのです。



そのため、
不安感やイライラなどが強く、
どうしても攻撃的な態度を取ることで、

誰かに心を開くことや、
居場所を探し続け大人になり切れないでいるのです。

 

攻撃的な人が表れたら?その対処について

 

僕自身も、攻撃的な方がクライアントとして、
僕のコンサルへ訪れてくれます。



そんな方と対峙することが、
「やばいピンチだ」と昔は思ってたのが本音ですが(笑)、

今となれば「チャンス」とすら思えます。


では、なぜチャンスなのか?と言えば、
攻撃的な人と対話することで、
僕自身の受容エネルギーを拡大できるからです。

 

エネルギーを拡大することができる

 

受容エネルギーの器が小さければ、
このように記事を書いたりすることはおろか、

コンサルを通じて、
その人の事業が上手く機能するお手伝い
することは、
絶対にできないからです。



なぜなら、
事業とエネルギーは密接にリンクしているからです。



受容エネルギーが拡大すれば、
僕自身のエネルギーも拡大していくので、

「クライアントのエネルギーを受容する器」も、
次第に大きくなっていく実感がしています。


目に見えないエネルギーを感じることが、
どうしても大事なのは、
こういったプロセスがあるのです。

 

未知の体験を教えに来てくれている

 

もっと大事なことは、
攻撃的な方がクライアントとして訪れたらなら、

僕が知らない悲しみや寂しさを、
「僕に教えに来てくれている」と今では、実感しています。


もし仮に、昔の僕のように「あーめんどくせー」と、
表面的にあしらっていたら、

受容エネルギーの拡大はおろか、
クライアントに「この人、人の話を聞いてくれない」と、
よけいに心を閉じてしまうからです。



そうなってしまうと、
お互いにとって良い関係でいることは、
難しくなるのは想像に容易いですよね?

 

脳で記憶した情報はNG

 

また、
コーチングなどのテクニック論を
頭に叩き込んで、

それらマニュアルに書いてある通りに、
攻撃的な人と対話しても、
僕はあまり意味がないと感じます。



その方は、
「AIとしゃべってる」
と感じるでしょう。


それだけでなく、
頭で記憶した情報は、
どうしてもエネルギーが低くなりがちで、

エネルギーの交換ができないため、
「私は理解されない存在なんだ」
と感じてしまい、

よけいに攻撃的な人生へとシフトしていってしまいます。

 

エネルギー漏れを起こさないために

 

クライアントを通じて、
受容エネルギーを拡大するには、
僕が知らない悲しみや寂しさをエネルギーとして
受容することで拡大することができます。


で、受容したエネルギーを、
伝えずに受容したままでいると、

「感じたことが言えないでいる」
「体調が悪くなってしまった」
など、

エネルギー漏れを起こしてしまいます。


僕がエネルギー漏れをしてしまうと、


受容エネルギー(女性性)はおろか、
具現化エネルギー(男性性)も低くなってしまい、

「感じたことを伝える」ということが、
スムーズにできなくなります。

そうなってしまうと、僕の場合は、
コンサルなんてできなくなってしまいます(笑)


「感じたことを伝える」というのは、
エネルギーを循環させる上でも、
とても大事な要素なのです。


どちらかのエネルギーに偏ってしまえば、
「感じたことが言えない」
「言わなくても、それくらい分かって欲しい」
といった現実が。


「察して欲しい」のエネルギーが強くなるか、
「伝えたことが理解されない」
「何を言っても、言う通りにしてくれない」
といった現実が起きてしまい、

相手を支配・コントロールのエネルギーが、
どうしても強くなるのです。




相反するエネルギーのバランスを、
整えてスムーズに循環させるには、

「受容エネルギー」と「具現化エネルギー」の両方を、
拡大させ、循環をスムーズにしていく必要があるのです。


では、拡大させ、循環をスムーズにするには、
どうすれば良いのか?

僕は、ビジネスに挑戦をオススメします。

 

攻撃ではなく成熟した大人へとシフト

 

なぜ、ビジネスをすることが、
攻撃的な態度の改善につながるのか?と言えば、


事業として成立させるには、

・成熟した大人
・自分の意見だけでなく相手の意見を受け入れる
・受け入れたエネルギーを世の中に拡げていく

といったことが、重要だからです。


人を攻撃していては、
事業として成り立ちません。


「言わなくても理解してもらえるだろう」
では、
自分の価値は伝わりません。


「伝えたのに、理解してもらえない」
で、感じる力を止めていては、
支配・コントロールのエネルギーが増していくばかり。



「この人の生み出す価値は、こんな特徴があるんだな」
と、認知してもらうまで、

色んな手を尽くしてやり切ることで、


「お金を払って、あなたのサービスが受けたい」
と言ってくれる人が増えてきます。



エネルギーバランスを皮切りに、

・成熟した大人へとシフト
・自分の意見だけでなく相手の意見を受け入れる
・受け入れたエネルギーを世の中に拡げていく

ということを見てきましたが、

攻撃的な人の特徴と付き合い方、
その対処方法について述べました。



攻撃的な人との関わり方は、
「エネルギーバランスが、片方に偏っているんだな」
「攻撃的な言葉や態度の裏に、どんな悲しみや怒りが流れているのだろう?」
と、

保守的になるのではなく、相手理解することで、
命を受け継ぎ繁栄へと向かうことができます。

 


ビジネスの本質をエネルギー論で解説した
メルマガでも詳しくお伝えしているので、
ご登録してみてください^^

 

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


2 件のコメント

  • 新しく職場に入ってきた人で、とみにからんでくる人にどうしたものかと考えあぐねていましたが、とても参考になりました。詳細なご説明と対応のご提案、本当にありがとうございます。

    • 平田佐知子さん

      はじめまして!
      中野丈矢です。

      記事では攻撃的な人の心理状況をシェアさせて頂きました。

      参考にして頂きながら、このようにコメントも下さり、記事作成者としてとても冥利に尽きます。

      これからも読者のニーズに答えられるような内容を続けて参りますので、どうぞよろしくお願いします^ー^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です