生きづらさを克服し本当の自分になった今から過去の僕へのメッセージ。


ナカタケこと中野丈矢です。

本当の自分を知るには、自分の役目(コア)に気づき、誰かに影響力のある人生へシフトしていかなくてはなりません。

そのためには、自分を守ってくれる環境から飛び出し、自分自ら世の中へ問いかけていかなくてはなりません。


この記事では、僕自身が本当の自分を見失っていた20歳頃の記憶を辿りながら、どんなプロセスを通じて本当の自分に気づき、自分の役目(コア)に気づけたのか?

そして、僕自身が本当の自分を見失い生きづらさに苦しんだ記憶を辿り、人生と事業を底上げさせる集客コンサルタントとして活動するに至った”きっかけ”などもお伝えしています。

本当の自分を見失っていた日々・・・

まずは僕の過去の話から。
僕は大学受験で3浪して大阪の私立大学へ入学しました。

どうして3年も浪人したのか?というと、入りたい大学に合格できなかったからです。

「この大学で大学生活を送りたい」

この想いだけで、3年間も浪人したのです。

予備校に通って、友人たちと勉強できたのも2年間だけでした。

その2年間は高校のクラスメートも浪人してたので、友人たちと勉強できました。しかし、3年目になればクラスメートたちは大学生。

僕だけが予備校に残り、去年と同じ毎日を送ってました。

一番辛かったこと

今となれば、人と違う人生を送ってたので、とても貴重な体験だったと思います。

朝起きて、夕方まで誰とも話さず参考書を持って近くの図書館に行き、授業の時間になれば予備校に通ってました。

ですが、ある時、こう気づいたのです。

「誰にも影響のない人生って、辛すぎるな」

そう思いながら、3年目の浪人生活を送ってました。

それだけでなく、高卒で就職してる友人は結婚し、子供もでき始めてました。

また、現役で合格した友人は、秋になれば就職活動です。

予備校の帰りに、高校のクラスメートとばったり会いました。彼も大学3回生なので、色んな企業の話を聞きに行った帰りでした。

「自分の選択って、何だろう」「自分の人生って、何だろう」と深く考えるようになり、受験勉強どころではなくなりました。

生きづらさの原因とは?

どうして意地でも志望校に入学したかったのか?
何年も浪人してまで、大学に入りたかったのか?

大学受験するだけでも、大金を親に支払ってもらわなければならないのに、そこまで大学受験に拘ったのか?


やはり、愛されるためだったのです。


周りの人から愛されるために意地になって頑張ってたのだと思います。

  • 勉強ができなければ愛されない
  • 優等生でなければ相手にされない

そんなセルフイメージが、意地になって浪人してたのに気づいたのです


しかし、その意地は本当の自分ではなく、いらないプライドや意地を強くするだけ。意地が強くなればなるほど、同時に生きづらさも強くなりました。

自分を守るための言い訳

愛されるために頑張っても、その頑張りは人生に歪みを生み出します。


僕にそう気づかせるために、浪人時代をギフトとして贈ってくれたのです。そこで大切な問いとして、「自分はどうしてその目標を達成したいのか?」ということ。


動機がとても大事なのです。


その動機が、「誰かに愛されたい」「周りから認められたい」という動機ならば、人生に歪みを生み出します。

3浪して大学に入りましたが、目標としてた大学生になっても生きづらさは残ったままでした。

前に進むための起爆剤

今となれば、浪人時代は財産となる経験でした。

また、若い頃に上手くいって実力以上の成果が出てしまい、その後の人生に悪い影響が出る可能性もあります。


宝くじに当たった人のその後の人生を追っていくと、破産してる人もいます。

僕の場合は、20歳で描いた人生を歩めなかったのが30代になった今に前に進む糧となってくれています。


もしも、能力以上の成果を出し、今後の人生を勘違いしたまま送るより、20代前半という若い時期に挫折経験したことが、今となって前に進むための起爆剤となってくれてます。


起爆剤・・・・

と書きましたが、物事を深く考えたり、もっと広い視野を持つことが、今後の人生に活きてくると確信し、大学の図書館にこもる習慣ができました。


どんな本を読み漁ったのか?というと、稲盛和夫や松下幸之助、ピータードラッカーなど、時代を築きあげた先輩方の思考過程を徹底してインストールしてました。


これまでの人生は、記憶したことを試験で正解を出せればOKでした。しかし、「経営」となればまったく別問題です。

なぜなら、「正解」なんてありませんし、正解は自分で作り出さなければいけないからです。 

起業とは選挙活動に似ている


また、これから起業する方にコンサルティングする時、僕はいつもこうアドバイスします。

それは、「起業は選挙活動に似ている」と。

理由はこうです。

起業とは世の中を少しでも良くするため、自分から仕掛ける行為だからです。


ですが、「指示待ち」「待ってればチャンスが来る」「正解は誰かがくれる」といった思考を持つ人がとても多い事に気付かされます。


先ほども述べたように、起業とは選挙活動に似ています。

  • どんな世の中にしたいのか?
  • その世の中にするため、どんな活動をするのか?
  • どうして自分がやらなければいけないのか?

このような動機が常に問われてくる働き方が、「起業家」「経営者」です。


人並みに頑張って疲れたふりしても、そこから抜け出せることは愚か、「あー今日もよく頑張った」と自己満足するだけで、チャンスを自分で逃してしまいます。

僕はそんな浪人時代を送ってました。
愛されるために努力するのは、自分を守るための動機だったのです。

いわば、誰かに積極的に影響を与えることから避けたり、逃げていれば、雪だるま式に解決すべき課題が山積みになっていきます。

誰かに影響を与える・・・

と書きましたが、生きている限り、誰かに影響力のない人生って、ありえないと思うのです。



みんな誰かに影響を与えてるのです。
もちろん、これを読んでるあなたも!です。


その失敗は必ず財産となる。どんどん挑戦しよう。


「自分なんて価値がない」と、自分の影響力から避けていれば、挑戦しなくても生きていけます。

挑戦することがなくなれば、「挑戦する」という習慣すらなくなり、エネルギー(可能性)がどんどん落ちていき、誰かの成功を羨むだけの人生を送ります。


「挑戦しない人生」にも、メリットはあります。
それは、失敗して落ち込む必要がなくなる、ということです。

1億総リーダー時代だからこそ


自ら発信して、非難されることを避けるならまだしも、誰かの発信に対して「あーだこーだ」とdisっては何も行動しない平和ボケする人も。

日本は恵まれた国で、自ら発信しなくても、生きてはいけます。

いえ、正しくは、まだ生きていける、ということです。

僕は仕事柄、色んな国籍のビジネスマンと会話する機会があります。

彼ら彼女らと話すと、危機感しか覚えません。

その危機感とは、海外の学生は、母国語に加えて英語が話せるのです。

日本のビジネスマンはどうでしょう?

英語が話せるかどうかが問題ではなく、視線を広く持てれば「自ら発信せず他人の生き様をdisる」といった、受け身の人生ではなくなると思うのです。


これといって目的意識もなく、漠然とした不安を抱えてまま「あー今日も頑張ったなー」と自己満足するよりも、誰かに影響を与えてる人生の方が、よっぽど人間らしい生き方だと思いませんか?

少なくとも僕はそう思います。

令和の時代は、紛れもなく1億総リーダー時代の到来です。

必ず身につけておきたいスキルとは?

1億総リーダー時代とは、僕が名付けた言葉ですが、一人一人がリーダーでなければいけない時代のことです。

新聞やテレビといった巨大メディアの影響力は、だんだん落ちてきました。
それとは逆に、個人メディアの影響力が増してきましたよね?


つまり、自ら発信することで、誰かに対して影響力を、簡単に持てる時代がやってきたのです。

もっと言うならば、誰かに影響力を持つことを避けてれば、生きづらさがどんどん増すばかりなのです。


愛されたいから努力するのも良いですが、「こんな世の中にしていきたい」というリーダーとしての自覚は、一人一人に必ず宿っています。

まだ見つからない・・・というのなら、コンサルティングでもそんなカリキュラムがあるので、一度お問い合わせて頂ければ対応させて頂きます。


一人一人がリーダーである1億総リーダー時代には、自分の役目(コア)に気付かなければ、情報の洪水に巻き込まれるだけです。

しかし、自分の役目(コア)に気づき、自ら発信して世の中を変えていける力があれば、令和の時代には問われてきます。

自分の役目(コア)に気づき、自らの発信力を鍛えていけば、生きづらさはなくなり、やりがいのある仕事ができます。

そんな自分の役目(コア)に気づき、発信力のある人が一人でも増えていくためにコンサルティング活動してますが、そんな人が増えていけばGDPに関係なく、日本の未来は必ず明るい時代がやってくると確信しています。


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です