常識とは?”常識で”考えるより”常識を”考えよう!


ナカタケこと中野丈矢です。

「これは常識だから」とその人の価値観で諭されたことはありますか?


「常識とは何か」についてあまり考えずにいれば、「そうなのか」と無理やり自分を納得させようとしていた過去が僕にはあります。



かのアインシュタインは、常識についてこのように残しています。

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション」であると。


つまり、自分で見て聞いて触ってきたこれまでの経験に基づいて形成してきたアイデンティティのことを指しているように、今の僕は思います。

常識で考える人ではなく、常識を考えながらも、人を巻き込んでいけるような非常識な創造をしていく人への記事です。

常識で考える人

建築家 安藤忠雄さんの講演会に行った時の話。

「自分の道を進もうと思えば、必ず社会と戦うことになる。けれども、そこで諦めてしまえば常識を上書きすることなく、社会に新陳代謝を起こせなくなる」と、その講演会で仰っていました。


当時の僕は、大学生。

安藤さんのような世界的に活躍してる人ほど、社会と戦ってきたのだと感じたのです。


ちょうどその頃の僕は、「良い成績を取って、良い学校に入って、良い会社に入ることが常識」だと考え、テストの点数が悪ければ「常識がないんだ」と自分にレッテルを貼っていました。


常識で考えれば考えるほど、「自分」というものを置き去りにしていることに気がつきました。


本当の自分探しブーム


常識を考えず、常識で考える人ほど、自分のことが分からない傾向が強いように思えます。


これは僕の日々の活動を通じてでも言えるからであり、様々なジャンルの人と対話を重ねていますが、常識で考える人ほど、自分のことが分からない人が多いように思えるからです。



常識を考えず、常識で考えようとすれば、人生の岐路に立った時に、ついつい誰かの判断基準を借りようとします。


自分と向き合っているつもりが、人から見られている自分ばかり気にしてしまい、気がつけば枠の中に行動範囲を限定してしまいます。



「自分がわからない・・・」という状況を脱却させられるのは、自分自身しかいません。

脱出ルートは指南できても、実際に脱出に向けて行動するのは、紛れもない自分自身しかいません。


↓関連記事:自己理解は自分探しでは深まらない↓

自己理解とは自分探しでは深まらない理由について。

 

世界最高の辞書も上書き保存されている


現在、世界にある辞書の中で最高と言われるものと言えば、イギリスのエンサイクロペディアブリタニカです。


この辞書は、世界最高の学者たちの権威を集結させて作られました。

そんな世界最高の頭脳でさえ、100年も経てばおよそ半分も全面的に書き直されてるのです。


さらに、100年経ってもそのままというのは2割しかないのです。つまり、世界最高の頭脳でさえ、100年も経てばそのほとんどが上書きされているのです。



では、誰が常識を考えるのか?

今を生きてる僕たちではないでしょうか?

 

常識を考える人


何をする上でも、人に納得して行動してもらうには、常識で考えていてはいけません。


常識はあくまでも基準であり、常識の向こう側を見ようとする姿勢が大事だと思うのです。



例えば、ビジネスをしていて、「あなたは何をしてる人?」と堂々と説明できる人と、できない人とがいます。

この違いは明らかで、常識の向こう側を見ようと思索を重ねているかどうか。たったこれだけです。

人よりも自分を納得させよう


「常識はこうだから」と、常識で考えようとすればするほど、それを聴く人にはどうしても薄っぺらく聞こえてしまいます。



自信ある人は、常識ではなく常識を考えるからこそ、自分の言葉で人に話せるのです。



「自分の言葉がない・・・」という場合、「常識とは何だろう?」と思索を重ねていくことからスタートしましょう。


なぜならば、誰かから「あなたの強みはこれです」とアドバイスされても、自分の意識が育っていないので、強みを活かす道筋がぼんやりとしていて見えないからです。



本当の自分とは、自分自身が本当に納得できる論理を自分の中に持った時、はじめて湧き出てくるものであり、自分探しの旅に出たからといって、本当の自分が待っているわけではないのです。



さらに、現実的な課題としては、日々の生活で自分自身への問いを思索させ、論理的に納得でき、人をも論理的に納得させられる確信を育てていく必要があります。


確信とは、持つものではなく、育てるもの。



行動することで、自分の知識やスキルを経験や知恵に変えられるのです。


さらに言えば、確信を持つことで「やろう」というエネルギーが湧き出てきますし、「やろう」と言われなくても、自分からやりたくなるもの。


あやふやな確信しかなければ、「人からどう見られるのか?」にしか意識が向かず、常識で考えてしまうのです。


常識で考えるよりも、常識を考えることで、自分自身の中に確信を育てるのです。

常識を考えれば自分の強みを人に伝えられる


自分が必要とされるフィールドに立つことで、お客さんに価値提供ができますが、自分の強みを人に伝えなければなりません。


セルフプロデュースも、ビジネスをする上では必要になってきます。



常識で考えれば、誰かの価値観や世間の常識を追い求め、それに当てはめようとしたり、人を巻き込むために必要な確信を育たなくなるのです。


確信とは、「自分ならこう思う」という生きる目的に根ざしています。



↓関連記事:人生の岐路に立った時の判断基準の持ち方について↓

人生の岐路に立った時の決断の仕方について

 

生きる目的が確信を育てる


常識を考えることで、生きる目的ができます。


「自分ならこう思う」という考えを示すことが、影響力を持つということ。



経験をお金に変えるスキルの一つに、マーケティングという分野がありますが、このマーケティングを仕掛けるためには、ストーリーテリングしていかなくてはなりません。



ストーリーテリングとは、自分の中の確信を人に伝える手段のこと。自分自身の強みや確信をストーリーテリングを使うことで、人をより巻き込んでいけるようになれるのです。


僕はマスタールーティーンというメソッドを確立させ、これまで約5000名以上もの方と対話を重ねながら、売上200〜1100%UPをコンサル生に対して現実的な変化をもたらしてきました。




常識で考えればその時は安心感がありますが、常識で考えれば現実的な変化はありません。


ですが、常識を考えれば、「自分ならこう思う」という自分なりの判断基準を持つことができ、この判断基準を基にして行動を重ねていけば、やがては確信に繋がります。



確信は常識では育ちません。

人も常識では育たず、育つのは常識を考えようとする姿勢。

常識で考えるよりも、常識を考え抜く人材であるならば、必ずや人を巻き込めるまでの確信を手にすることでしょう。


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください