言葉を紡いでマネタイズする方法とは?


ナカタケこと中野丈矢です。

言葉を紡ぐ(つむぐ)の意味は、あなたが言葉を選んで文章を作ることです。だからこそ、あなたが情報発信する上で、言葉を紡ぐことは突き抜けるためには非常に大切です。

なぜならば、言葉はあなたと読み手とをつなぐ橋渡しになるからです。それだけでなく、言葉を紡ぐとは、あなたが出会うべき人との関係をも紡ぐことにつながるからです。

かと言って、作家レベルの文章力が必要なのか?と言えば決してそうではありません。


言葉を紡いでマネタイズ(収益化)させるにはどんな文章力が必要なのか?それはあなたの生き方がにじみ出た言葉です。あなたが紡いだ言葉には上手も下手もありません。


そして、言葉を紡ぐためには必要なのは読者です。
その読者に対してどんな価値を提供すれば、あなたのビジネスはマネタイズ(収益化)できるのでしょう?

そして、言葉を紡いでマネタイズしてる人は、何を提供しているのでしょう?

この記事では、

  • 言葉でマネタイズする近道とは?
  • 言葉で選ばれる人と埋もれる人

について解説していって、言葉でマネタイズする方法について述べていきます。

言葉でマネタイズする近道とは?


では、どのようにすれば言葉を紡いでマネタイズ(収益化)できるのか? そして、なぜマネタイズ(収益化)には言葉が必要なのでしょうか? この項目で述べていきますね。

マネタイズには言葉が必要


あなたがビジネスをやる時、どのようにすればマネタイズ(収益化)できると考えてますか?

恐らく、

・ブログにたくさんアクセスを集める

・反応が取れるコピーライティング技術を学ぶ

・上手なセールストークを身につける

・チラシでお問い合わせが来るようにする

など、様々だと思います。

何にせよ、ビジネスには言葉が必要です。

あなたの紡いだ言葉で、それを見た人が、あなたの商品・サービスを選ぶのかどうかを決めるからです。


その人が解決させたい悩みや課題が、あなたのビジネスで解決できるならば、その人はあなたにお金を払ってくれるでしょうか?

この世の中にはたくさんのビジネスがあり、実はコンビニの数よりも歯医者の数が多いのです。 虫歯を治すだけなら、どの歯医者に通ってもヤブ医者以外は治療してくれますね。

つまり、
解決したいこと:虫歯
解決できること:虫歯の治療

になるわけです。

しかし、虫歯を治すだけではなく、他の要素を組み合わさなければ、歯医者に患者は来てくれません。

その他の要素とは、「言葉を紡ぐ」です。


これは整体師にも言えることで、マッサージだけならそこの整体に通っても施術してくれます。

解決したいこと:肩凝り
解決できること:肩凝りの治療

になるわけです。

やはりマッサージ以外にも「言葉を紡ぐ」ことで、患者さんは来院してもらえるのです。 言葉を紡げれば差別化する必要もなくなります。なぜならば、あなたの紡いだ言葉は世界に一つしかない価値だからです。

言葉を紡ぐことが、「WEB上で情報発信」になるわけです。

マネタイズには情報発信が近道


では、整体師が肩凝りに困る人に対して、どんなアプローチすれば患者さんに来てもらえるのでしょう?

その答えの一つに、「お客さんを一人に絞る」こと。

これを初めて聞く人にとっては、「え!?」と驚くかも知れませんし、すでに聞いたことある人は「それくらい知ってるよ」と思うかも知れませんね。

どちらにせよ、言葉を紡いでマネタイズ(収益化)するには、お客さんを一人に絞ることが大事なのです。


その理由の一つに、一人の患者さんを治療できなければ、他の患者さんの治療もできないからです。

肩凝りに困る人がマッサージを受けても、「肩が凝っているな〜」と実感が薄れていかなければ、整体師としての技術はまだまだです。

さらに言えば、その一人の患者さんは、普段からどんな生活をしているのかを知る必要があるのです。

  • どんな言葉を使っているのか
  • どんな検索ワードでWEB上で情報を見てるのか
  • 肩凝り以外にどんな悩みを持ってるのか
  • 肩凝りはいつから始まったか
  • 始まった頃はどんな生活をしてたのか
  • 痛みの程度はどのくらいか
  • 生活スタイルは
  • 家族構成や職業
    etc…..


一人の患者さんの事を知れば知るほど、その患者さんのことを自分ごととして捉えることができるのです。 それだけでなく、自分ごとになれば、いざ言葉を紡いでマネタイズ(収益化)させようと情報発信しても、ネタに困らないのです。

フワフワとした日記みたいな情報発信よりも、「地に足のついたお悩み解決書」の方が読み手には喜ばれるのです。


日々の生活で肩凝りや腰痛が、その情報で和らいでいけばファンになってくれます。 ファンづくりにも、言葉を紡ぐことは大切になってくるわけです。


マネタイズ(収益化)にはファンづくりも必要で、それはあなたが紡いだ言葉によって関係を紡ぐことができるのです。

歯医者や整体師でも、ファンになってもらえるかどうかが、マネタイズ(収益化)できるかどうかが関係してくるのです。

言葉で選ばれる人と埋もれる人がいる


先に、言葉を紡げば差別化が不要になると述べましたが、この項目では「選ばれる人と埋もれる人の違い」についてみていきます。

その違いについてちゃんと理解できれば、マネタイズ(収益化)させる方法を自分なりに理解できた、と言っても過言ではありません。

差別化なんていらない?


この記事を読む前は必ず「検索」してくれたと思います。
どんなキーワードでグーグル検索してくれたのは分からないですが、検索して見つけてもらうにもSEO対策が必要です。

SEO対策に必要なのは、この言葉を紡ぐことでもあるのです。

言葉を紡ぐことは、真似やコピペすることではありません。 自分の言葉ですから、あなたの生き方も滲み出ています。



SEOには独自性やオリジナリティが必要で、そのためにも言葉を紡ぐことが重要なのです。

そして差別化させるべく、表面的なコピーライティングのノウハウを使い込んでも、ただ埋もれてしまうばかりです。

それはなぜか?

みんな学んでるからです。勉強してるからです。
知識量で差別化はできません。

同じ内容のノウハウを学んで実践しても、周りの人の脳内も同じになるわけで、差別化させようとも埋もれてしまいます。


埋もれないためにも、自分の頭で考えて紡いだり、自分のハートから言葉を紡いでいくことが大切です。

ノウハウの餌食にはなるな


かつてSNS起業が流行したのも、みんな同じようなノウハウを学んだから・・・と言えます。

まさにテンプレートにパコっとはめるだけで、マネタイズ(収益化)できた頃がありましたが、人の可能性にフォーカスした時、テンプレート思考な人を量産するだけで長期的に見ればマイナスでしかありません。

そのテンプレートが使えなくなれば、違うテンプレートを探す必要があるからで、自分の可能性に気付けなければ一生、ノウハウの餌食となってしまうでしょう。


誰かの言葉で紡いでも、真似してカスタマイズしても、オリジナルコンテンツや独自性は生まれません。生まれるとしても、守破離(しゅはり)のようにまずは型を守って、型を破り、その型から離れていくことで独自性は生まれます。

ですが、型を守ることだけに囚われてしまい、独自性を見出す人は少ないように思えます。


突き抜けるためにも独自性は必要です。 この独自性こそが、マネタイズ(収益化)には必要不可欠になってくるわけです。


SNS起業のようなテンプレートやノウハウだけで、上手くいく時代は終わりました。 今は可能性のフォーカスする時代です。そして、可能性どうしを掛け算させて新しい概念を作る時代です。


SEO対策には独自性やオリジナリティが必要で、そのためにも言葉を紡ぐことが重要なのです。言葉を紡ぐとは、あなたの生き方を言葉で伝えることで関係を紡ぐ、という意味でもあるのです。


僕は差別化不要論を提唱してますが、差別化させるかどうか以前に、個人としての可能性にフォーカスすべき、だと考えています。そうすることで、突き抜けることができ、パラダイムシフトを起こせると考えています。

すでに直観で選ばれてる?


すでにWEB上で情報発信をしてる場合、すでに直観で選ばれてる可能性が非常に高いです。

あなたのサービスを買うかどうかは、ほぼ直観で決まる、と言っても過言ではありません。なぜなら人は直観で選び、論理で納得するからです。

直観で選んでもらえるかどうかは、あなたが紡いだ言葉でマネタイズ(収益化)できるかどうかが関わって来ます。

どんな言葉ならば、直観で選んでもらえるのか?

直観ですから感じてもらうしかありません。

つまり、あなたの生き方(コアコンセプト)こそが、差別化できる要因になるのです。


情報発信で生き方を伝えてマネタイズ(収益化)させるには、 つまり、人間力=商品力となるわけです。 僕がノウハウやテクニックを毛嫌いするのも、商品価値は人間力に比例するからで、可能性を最大限に高めるには、あまり建設的ではなりと考えてるからです。


ノウハウの役割は、人間力に秩序を与えて分かりやすく伝えるためです。

人間力ありき、ならばノウハウをとても有効ですが、人間力が追いついてなければ その商品を買うかどうかは、商品の機能的価値よりもセールスマンの人柄の方が決め手だったりするのも、やはり人間力=商品力という構図があるからです。


差別化させようとノウハウに手を出すよりも、まずは自分は何者なのか・・・これを言葉で紡ぐ必要があります。

紡いだ言葉で人を惹きつけられるのか?そして、惹きつけられる人間力があるのか? 可能性を最大化させて突き抜けるためにも、人を惹きつける魅力も必要になってくるわけです。

言葉を紡いでマネタイズする方法は、商品力=人間力という構図絵を理解して、人を惹き突きつける魅力を持つことです。


↓併せて読みたい記事↓

関連記事:キラーコンテンツでマネタイズする方法

関連記事:コンテンツ力を高めるには

関連記事:神話の法則


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください