価値創造とは意味とストーリーを与えること


ナカタケこと中野丈矢です。

あなたにとって『価値を創造する』とは何でしょう?

その答えは人それぞれですが、『差』があるからこそ魅力や強みが生まれるのです。差とは、意図的に生み出すことで、これを価値創造と言います。

では、価値創造によって、魅力や強みをマネタイズ(収益化)させるには、どのようなプロセスが必要なのでしょう?

その答えの一つに、『ストーリーを描くこと』なのです。

ストーリーを描くことで、あなたの商品・サービスが売れるだけでなく、志で人を導くリーダーになれるのです。

この記事では、価値創造に必要なテーマを扱っていて、

  • 「机上の空論」を「人が集まるビジョン」にする方法
  • ビジネスに人の痛みを感じ取る感性が必要な理由

という内容でお届けしています。

さらに、リーダーに必要なスキルとしてストーリーテリングがありますが、聞き手に強く印象付けるために、その変化を体験談やエピソードとして物語(ストーリー)で伝えていきます。物語で伝えることを、『ストーリーテリング』と言います。

ストーリーテリングで価値創造ができる
のです。

この記事では、価値創造についてあまり詳しくないけれど、価値創造させるべくストーリーテリングを用いて顧客に価値を届けていきたい人がどうすれば良いのか?を解説しています。

答えは机上にはない、市場に落ちている!?


リーダーのビジョン(志)には大きく2通りありますが、

  • 人が集まるビジョン
  • 人が集まらないビジョン

とに分かれています。

リーダーが自分なりに人が集まるビジョンを描いても、残念ながら共感する人が思ってる以上に少ない時、無力感に襲われますよね。机上の空論になってますが、これを解決することで志で人を導くリーダーになれるのです。

では、志で人を導くリーダーになるには、何を心がければ良いのでしょうか?

その一つの道筋として、『人に聞く姿勢』があります。 

あなたが一国の王だとして、あなたの国を繁栄させるには、民の声を無視すれば独裁どころか国民が減り続けてしまいます。

国民にたくさんの不平不満が増えてしまい、デモが起きる可能性だって考えられますよね。

これをビジョンに置き換えると、ビジョンを現実化させるにも『実現可能な未来』だと感じてもらう必要があるのです。

実現可能な未来だと感じることで、あなたをリーダーだと思うはずです。

人が集まるビジョンに必要なのは、「誰の話を聞くか?」「誰を集めるのか?」がとても重要なのです。

これはどういうことか?解説していきますね。

顧客は誰か?

志で人を導くリーダーになるには、「誰を導くのか?」を決めなければなりません。

「導く人を顧客」とも言いますが、お客さん・クライアントとも言い換えられますね。

また、どんなリーダーであれ、ついてくる人(顧客)がいてリーダーです。どんなビジネスであれ、顧客がいてビジネスです。自分勝手では、リーダーは務まらなければ、ビジネスもできません。

ビジネスが顧客の欲求を顕在化させて、商品・サービス化させた時、初めて顧客が生まれ市場が生まれるのです。欲求を顕在化すべく、「誰の欲求を”見える化”させるべきか?」と市場に聞いて回る必要があるのです。

「市場に聞く・・・」と言っても、そんなに難しいわけじゃありません。
あなたが普段からやってるルーティーンでもあるのです。

それは、

  • 買ってくれた人の感想を聞く
  • 誰かにフィードバックをもらう
  • Googleアナリティクスでデータ分析し”顧客の声”を感じ取る
  • それらを基に改善していく

といったことで、何も特別なことではなかったのです。

中には、人脈を広げたり交流を深めることに、エネルギーを注ぎ込んでる人は、将来、必要になる人に相談したりフィードバックをもらっているのです。

自分勝手なビジョンではなく、多くの人のビジョンを言語化させて、実現へ向けて全力投球するリーダーに人は集まるのです。

さらにビジネスは、”顧客の欲求”を顕在化させたもので、ビジョンを実現可能な未来にすべく、『市場に聞く姿勢』が大事になってきます。

かつてマーケティングとは、『商品・サービスを販売すること』でした。今では『市場が必要とするものを生み出す』ことがマーケティングです。

さらに時代は、共感できる志や、ついていきたいリーダーを探しています。

リーダーのビジョン(志)に共感する顧客を明確にすることで、顧客の欲求を顕在化させることができるのです。

 関連記事

 

志で顧客を集めるには、何が必要か?


顧客の声を集めるくらいは、ほとんどの人がやっているでしょう。大切なのは、顧客の心の奥底にある本音を聞き出そうとすること。

そして、顧客の本音を聞き出すことができれば、「この価値を市場に出せば、ある程度の売上規模を把握できる」といった羅針盤が手に入ります。

もしも、顧客の本音を聞き出すことをせず、型式ばったアンケートに記入してもらうだけでは、顧客の本音どころか、顧客の痛みすら分かりっこないのです。

顧客の本音を聞き出して、顧客の『痛み』に共感し、解決策を提示するのがリーダーの役目です。

商品価値と顧客ニーズを合わせることで、

  • どの顧客へ
  • どの商品・サービスを
  • どの媒体で
  • いつどのタイミングで
  • 届ければ良いのか

という、一連のマーケティングフローを”見える化”できるのです。 見える化させることで、ビジネスに見通しが立つのです。

ビジョンを描いても、自分勝手なビジョンと、顧客の夢や希望を乗せたビジョンとに大きく分かれます。

自分勝手なビジョンではなく、顧客の夢や希望を乗せたビジョンを描き、ビジョンを実現可能な未来にまで落とし込んでいきましょう。

志で人を集めるために必要なのは、顧客の本音を聞き出し痛みに共感できる人間性であることを忘れずに。

 関連記事


価値創造すべくストーリーを描こう


志で人を導くべく、価値創造するには、導く人を決めて、その人たちの本音を聞き出し痛みに共感することでした。

とは言うものの、顧客と向き合い、目の前の仕事に一生懸命に慣ればなるほど、自分のビジネスが見えなくなります。それどころか、あれだけ寄り添っていた顧客の本音が分からなくなるのです。

そんな時こそ、心得て欲しいことがあります。

それは、ストーリーを描くこと。

「ストーリーを描こう」と聞いても、「あ〜ストーリーテリングのことね」と分かるでしょう。さらに、「これまで、やってきたよ」と言う人もいるでしょう。

ここでまず提示したいのは、顧客があなたの商品・サービスを購入する時に決定的な要因となるもの、について。

それはどのようなことなのか?詳しく見ていきましょう。

ストーリーを描くにも、結局は人間性


価値創造するには、ストーリーテリングは欠かせません。自分勝手・自分本意なビジョンではなく、顧客の夢や希望を乗せたビジョンを描くことで、人は集まるのです。

ビジョンを描くことは、価値創造のためですが、あなたの顧客のためでもあるのです。どうしてビジョンを描くことが、顧客のためになるのか?

あなたのビジョンを顧客に”自分ごと”と思ってもらうには、顧客の痛みを知る必要があります。

そして、顧客の商品・サービス購入の決定的な要因となるものとして、商品・サービスが呼び起こす感動・共感、そして顧客にもたらす心理的・社会的満足度がほとんどです。

これに のです。

もしも、「ストーリーテリングを用いてるけど、あんまり効果がない!」というお困りごとは、顧客の痛みがズレていて”自分ごと”だと思って頂けてない場合がほとんどです。

文章力や表現力、口のうまさよりも、人間性が物を言う時代です。

顧客の痛みが合っていて、”自分ごと”と思って頂けていれば、どんどん顧客を巻き込んでいけるのです。

リーダーに必要なスキルは、人の痛みを感じ取れる優しさと、それを言語化できる能力です。ストーリーを描くにも、結局は人間性だと言えるのです。

価値創造には感性も必要


「顧客の痛み」を言語化させるにも、痛みを感じ取れる人間性が必要です。

「勉強はできるけど、仕事はできない人」っていませんか?そんな人って、人の心情を把握できる感性を磨くことができれば、できる人になれるのです。

先に、「ストーリーを描くにも、結局は人間性だ」と述べたのも、顧客の痛みを感じ取れる感性がビジネスには役立つからです。

高学歴だからといって、ビジネスが上手くいくわけでもありません。 大学を出てなくても、道が閉ざされたわけではありません。

どちらにせよ、ビジネスには人の気持ちに寄り添える感性が必要だったのです。

もしも、ビジョンがぼんやりとしていて、ハッキリとしてなくても、そのうち見えてくるでしょう。その場合、関わる人さえ間違わなければ必ず道は拓けます。

「自分のためなら頑張れないけど、人のためなら頑張れる」という人は、恐らく当てはまるパターンとも言えます。 価値創造するにも、人の心情や痛みを感じ取れる感性が必要です。

関連記事

ビジョンに顧客を巻き込む


価値創造させて、ビジョンに顧客を巻き込むためのツールとして、ストーリーテリングをご紹介しました。

詳しいストーリーテリングとして、その代表的な知識として神話の法則があります。神話の法則の詳しい内容については、こちらの記事にてまとめておりますので、ぜひご覧ください。

関連記事
*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、あなたの人生と事業を底上げし、パラダイムシフトできるようなエッセンスを凝縮して無料で公開しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください