時代の変化に合わせていこう〜2020年は継承と継続〜


ナカタケこと中野丈矢です。

不透明な時代だからこそ、時代を先読みしなければなりません。

安定した時代が続くのが理想ですが、皮肉なことに時代は安定と不安定を繰り返します。

安定を築いては破壊され、また築いては破壊され・・・

その「破壊」のターニングポイントに、時代は戦を用意しています。今も貿易戦争が起きてますが、この戦は安定へのターニングポイントなのか?


そして、昭和の高度経済成長みたいなイケイケドンドンな、安定した時代ではないのは国中の空気感を感じるだけで「今は不安定」と分かります。

不安定だからこそ、どんな歩みをしていけば良いのでしょう?

そこで今回の記事は、不安定な時代だからこそ時代を先読みしたい人へ向けて、時代の変化について考察していきます。

時代の変化に合わせることがいかに大事か?そして、時代の変化に合わないとどんな危険に晒されるのか?について述べていきたいと思います。

時代の変化は「継承と継続」。

 

今年2020年の大まかな流れとして、特に色濃く出るのは「継承と継続」です。

この「継承・継続」の意味とは、具体的にはどのようなものなのでしょう?

過去の積み重ねが結果に結びつく

 

  • これまでの積み上げをどんな形に変えて世の中へリリースするのか?
  • どのような価値として循環を起こしていくのか?

ということです。


これだけだと、少し抽象的かもしれませんね・・・

2018年・2019年の2年間に蓄えたエネルギ ー(可能性)を、どのように拡散(陽のエネルギー)していけるのかが、とても左右される今年です。

だからこそ、これまでコツコツと積み上げたり、これまで溜め込んだエネルギーを一気に拡散できる流れに当たるのが今年です。


その中でも特に、

  • カスタマイズさせ過去とは違った方向性を見出す

  • 同じ素材でも魅せ方を変えイノベーションを起こす

  • イノベーションを通じて時代の流れがどんどん起きていく

そのような内容も、こちらの記事にてお伝えしたかと思います。

2020年の運勢は干支ではこんな流れになる。

決断の連続


もう一度言いますが、2020年は「継承と継続」に当たる年。

何を捨て、何を継承するのか。
あるいは継承させるのか。

何を捨て、何を継続するのか。
あ るいは継続させるのか。

つまり、「決断の連続」が例年に比べてとても多い年なのです。

もしも今、どこかに何かしらの問題点があるならば、それは時代遅れである可能性も考えられるのです。

時代の変化は良いことばかりではない!?

ひと昔では当たり前とされていたことすら、令和に突入して「的はずれ」「ズレている」ことだってたくさんあります。

その風潮として、日産のカルロス・ゴーン氏の問題がその一つです。

旧時代のシステムが崩壊!?


どうしてカルロス・ゴーン氏が関係するのか、というと例の事件はクーデターとも言われています。

ゴーン氏はかつてカリスマとして称されてました。

しかし、日産ほどのだ企業にもなれば、どうしても小回りの利かない巨大組織なため、時代の変化に対応できなくなった のです。


この時代の変化・・・・

とは具体的には、「パラダイムシフト」が起きているのです。


今でこそ、個人メディアを通じて一人一人が自由を叶えられる時代ですが、ゴーン氏が大活躍した2000年代は個人メディアという概念すらありませんでした。

ここで言うパラダイムシフトとは、「時代のスパイス」とも言えますが、関係性のシフトが起きているのです。

もはやカリスマ性で組織を束ねる時代ではなくなったのです。

時代の変化は関係性のシフトも起こす


かつて組織を束ねるには、自身のカリスマ性を使い部下たちに服従させることでした。

つまり、上下関係を絶対とした「縦の関係性」を重視する時代だったのです。

今では体育会系の 上下関係も薄くなってきて、どちらが先輩でどちらが後輩なのか分からない部活もあります。

僕は野球部でしたが、もちろん上下関係に揉まれて生きてきました。

しかし、フィギュアスケートでは後輩が先輩に「タメ口」や「ゆづるくん」と言ってるのをテレビで見たことがあります。

これはつまり、カリスマ性よりも、フラットな関係でこそ信頼関係を築ける時代とも言えるのです。

また別のアプローチから「パラダイムシフト」について解説すると、権威では人は動かない時代へとシフトしていってます。

人は権威で動かなくなった!?


これをもう少し理解して頂くため、僕のコンサル生のクライアントさんの話をしたいと思います。
(ご本人から許可を頂いてい ます)

それは歯医者さんでの出来事。

その歯医者さん曰く、「銀歯だと口を開けた時に目立ってしまう」とのことで、その治療とはプラスチックを歯に埋め込む治療だったそうです。

これは保険の範囲外の治療なので、普段よりも少しお金がかかるらしいのです。

その普段よりお金のかかる治療中・・・

プラスチックの歯を埋め込む治療中に事件が起きたのです。

プラスチックの新しい歯を埋め込んで助手の方から「は〜い。歯を噛んでくださ〜い」と言われ、その人は普段よりもやさしく口を閉じました。

・・・・。

そう、やさしく口を閉じたのです。

するといきなり、「バキッ!!」と音がしたのです。

・・・・。

埋め込みたてのプラスチックが壊れてしまったのです。

その助手の方が、しかも笑いながら「あ〜壊れてしまいましたね〜。先生を呼んできます〜♪」と言って立ち去ったのです。

その先生が現れました。

先生の一言が、この方を「もうこの歯医者には来ない」と悟らせるのでした。

その一言とは・・・・

「壊れたプラスチックのお代は、あなたが持ってください」とその先生は言ったそうです。

・・・・・。

かつてお医者さんと言えば、ある種の絶対的な権威がありました。

しかし、今となっては「権威」という立場だけでは、もはや患者さん(お客さん)に理解を示すことが難しくなっているのです。

もしもこれが平成や昭和ならば、「はい、わかりました」と済む話です。

「壊したのはこっちだしな」と、渋々と上乗せされた代金を支払ってたことでしょう。

しかし、今や時代の転換期です。

過去のパラダイムが通用しなくなってるのです。


時代の変化を敏感に察知


ゴーン氏も「カリスマ」という立場で、人を動かすタイプだった・・・のかもしれません。

もしもそこに「周囲との信頼」があれば、きっとクーデターは起こらなかったと僕は思うのです。

カリスマ性を宿らせた権威や、「いくら稼いでる」といったラベルなど使った縦の関係性ではなく、信頼関係の積み重ねや共感・共鳴されるかどうかが、この不安定な時代ではとても重要なのです。

老舗企業に見習うべき点


本屋に行ってビジネス書をよく立ち読みするのですが、正直言って「どうかな〜」と思う本がたくさん出回っています。

もっと言うならば、「時代遅れになったノウハウ」と思わざるを得ない本が出回ってます。

ライフコンパス90日プログラムや、個人コンサルティングは超個別対応にすることで、「その人だけのカリキュラム」が組むことができるので可能性を最大化することができるのです。

というのも、「あの人に通用したから、この人にも通用するはずだ」という考えは諸刃の剣で、生まれ育った環境も違えば、思考パターンや理解度も違います。

平均化させた世間一般の”ノウハウ”だと、対応しきれないのは言うまでもありません。

超個別対応とさせて頂くこ とで、「その人だけのカリキュラム」が出来上がるのです。

この超個別対応は、日本が誇る数百年も続いてる老舗企業をヒントにしたのが3年前です^^

老舗企業についても、今後お伝えできればな〜と思っております^^

まとめ


今回の記事は、ゴーン氏の事件を皮切りにパラダイムシフトとして、関係性のシフトというアプローチから、2020年1月の時代に最適な情報をお届けしました!

あなたの人生と事業の底上げに繋がれれば幸いです^^

今回はここまで。

最後までありがとう。 


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください