自我を抑える危険性と自我の強い人の特徴について。


こんにちは。
ナカタケこと中野丈矢です。


自我を抑えるとその反動が必ず跳ね返ってきます。

それは数百年もの間、マグマを溜め込んだ火山のように、「ずっとエネルギーを溜め込んでる」ようなもの。


また、ニュースでも「あんな良い子が犯罪を犯すなんて!」というのをテレビで見たことはありますか?

”あんな良い子”というのは、ずっとエネルギーを溜め込んだまま大人になり、いわゆる自我を抑えてまま大人になった・・・というわけのです。


つまり、自我を抑えると、破壊的なエネルギーをずっと溜め込んでしまってるのです。

この記事では、「自我を抑えてはいけない」というテーマで、本当の自分に気づくためのヒントになってくれれば幸いです。

自我の強い人の特徴


まずは、自我の強い人の特徴について。

  • 自分の扱われ方を強く気にする
  • 否定されることに強い恐れがある
  • 感情的になりやすい
  • 常に承認されていたい

という特徴があります。

これらのイメージとしては「自分が!自分が!」と常に前に出ようとしたり、その存在に気づいてもらわないと気分を損ねる印象があります。

また、自我の強い人には共通点があります。

自我の強い人の共通点


それは、偽物の欲求に準じて行動していること。

子供時代に満たされなかった欲求が大人になっても解消されず、自我が強くなっているのです。

自我を抑えてままにしていると、破壊的なエネルギーをずっと溜め込んだ状態であると先に述べましたが、その一例として強い競争意識があります。

競争意識を持てば、「自分もやってやろう!」という気が芽生えます。

これはつまり、「アイツもできたんだから、自分にもできるはず!」と健康的な競争意識のこと。

ですが、自我があまりに強いと、どうしても競争意識が強くなり、周りを蹴落としてでも自分だけは這い上がろうとします。

その結果、「自分が!自分が!」と前に出ようとするのです。

破壊的なエネルギーの原因


「自分が!自分が!」と前に出れば、自分しか見えなくなります。

当然、周りの人のことも見えず、視界に入ってきません。

その結果、「自己中心的な人」という印象を持たれてしまうのです。


本人からすれば、自分であることに必死なんです。

自分を保つことで精一杯なんです。


ですが、周りからは「自己中心的な人」という印象を持たれてるので、「もっと周りの人に気を使いましょう」と言われてしまうのです。

自分のことで精一杯なのにも関わらず、「周りのことも考えましょう」と言われると、とても辛くなります。自我が強い人は、どんどん精神的に追い込まれてしまうのです。

自我の強さは精神的に追い込まれる場合も・・・

精神的に追い込まれてしまえば、この2つの選択をします。

それは、

  • 攻撃的になる
  • 引きこもりかウツになる

このどちらかしか道はありません。

破壊的なエネルギーを溜め込んでいれば、「攻撃的になる」「引きこもりかウツ」になる可能性がとても高くなってしまうのです。

では、どのようなプロセスならば、幸せに稼ぐ生き方へシフトできるのでしょう??

暴走族も成長過程である


自我が強い人が攻撃的になる例として、暴走族が挙げられます。


暴走族は、先の述べたような特徴、

  • 自分の扱われ方を気にする
  • 否定されることに強い恐れがある
  • 感情的になりやすい(キレやすい)
  • 常に承認されていたい

という偽の欲求を持っています。

社会や親や先生に対し、反抗することで自我を強くすることで自分であり続けています。


ですが、反抗する態度は偽の欲求です。本当の自分ではないため、生きづらさを抱えたまま暴走するのです。

大きな爆発音でバイクで走るのも、「誰かに存在を気づいて欲しい」からであり、破壊的なエネルギーを出しているから、なのです。


破壊的なエネルギーを出すことは健全な成長プロセスです。

「暴走族はダメ」という印象が持たれやすい社会ですが、大人になるには必ず反抗期を経験しなければなりません。

反抗期に暴走族やってた人のほとんどが、良いパパや良い過程を築いてるのはご存知でしょうか?


破壊的なエネルギーを出し切ったら、「幸せを分かち合いたい!」「自分の才能を世界に使いたい!」という本物の欲求が出てくるのです。

暴走族もいれば引きこもりもいる

対する引きこもりも、破壊的なエネルギーをずっと溜め込んでいます。

破壊的な言葉が、脳内で暴走しているため、考え方も否定的になってしまうのです。

「自分には価値がない」「自分は何をしても無力なんだ」といった言葉が脳内を暴走してしまってるのです。


暴走族と引きこもりの違いは、破壊的なエネルギーが外か内かどっちに向けられてるのか?ということ。


外へ向けば、暴走族。
内へ向けば、引きこもり。

根源を辿っていけば、破壊的なエネルギー(偽の欲求)が原因なのです。

破壊的なエネルギーとの向き合い方


破壊的なエネルギーを溜め込んでれば、「周りに迷惑をかけてはいけない」と自分を抑えてしまうことも。

ですが、人生を変えるには、行動を起こすことも必要です。

それは「与える」ということ。

「与える」と聞くと抽象的ですが、「人が喜ぶような行動をしよう」ということです。

本当の自分に気づくとき


ビジネス上手な人は、人を喜ばせる天才ですが、これは人間ならば誰しもに備わってる才能です。


もしも、破壊的なエネルギーをずっと溜め込んでいても、「この人はどんなことで喜ぶのかな?」と想像してみるだけでも、必ず変わってきます。


破壊的なエネルギーが解消されるには、才能を活かして、人に喜ばれる価値を提供していくこと。

そんな本当の自分に近づくために、まずは「この人はどんなことに喜びを持つのかな?」と想像してみましょう。


もしも、「自分ならこれはできそうだな」というものがあれば、ぜひトライしてみてください。

きっと喜んでくれるはずです。


また、「頑張ればできそうだ」と感じるものがあれば、ぜひトライしましょう。

新しい自分(本当の自分)になるためにも、これまで経験したことのない未開拓な領域に足を踏み込んで、自分の感性を活かしながら進んでいってください。

才能を活かそう


自我の強い人の特徴と、自我を抑えてる危険性について語ってみました。


自我の強い人は、自己中心的なイメージを持たれ、周りから「もっと気遣いましょう」と言われますが、本人は自分であることに必死であるのは先に語った通りです。


自分を押さえ込んでしまえば、どんどん破壊的なエネルギーが溜まってしまうので、どんな小さなことでもいいので、喜んでもらえそうな、今すぐできそうな事から始めてみてください^^


「食器を洗う」とかでも構いませんし、朝起きて「おはよう」と言うだけでも続けていけば必ず世界は変わります。保証します。


「こうやったら喜んでくれるんだ!」というセンサーを磨いていく事で、才能も同時に磨き上げられるのです^^

↓関連記事↓

怒りのエネルギーが強い人を解放する人と変換する方法について

 


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、人生と事業を底上げするエッセンスを、無料で公開しています。

また、人生と事業を底上げすべく、稼ぐ生き方への最短距離を無料で配信しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間オンライン無料講座


ビジネスを難しく考えすぎてませんか?

ビジネスで上手くいくにはやはりコツがあり、ビジネスでも本質部分は、とてもシンプルです。

しかしながら、多くの人がこの肝心な部分を知らずしてビジネスを難しく考えすぎています。

無料オンライン徹底講座としてビジネスを物語へと進化させるを受講すれば、あなたのビジネスに対する考え方も180度変わって、これまでとは違う見方ができより本質を捉えられるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です