僕が起業初期に集客で上手くいった方法

ナカタケこと中野丈矢です。
僕が独立起業して初期の頃、集客で上手くいった方法を公開しています。

起業して最初に立ちはだかる壁、集客。

この集客ですが、起業初期に集客で上手くいった・・・とは言うものの、ずっと右肩上がりだったわけではありません。

ですが、起業初期に「集客」の乗り越えるべきポイントが必ず存在します。

そのポイントを、僕がどのように乗り越えてったのか?を過去の体験を通してお伝えしています。








集客するためのマインドセット




僕の過去ですが、今回は「誰かを勝たせる」についてお伝えします。

連載企画を続けて、コンサル中にクライアントから「勇気もらいました」と言ってもらえたり、




お便りでも「自分がやってきたことに正しいと思え、今後の活動に励みになります」といった声も頂いてるので、やって良かったな〜と思います^^







今回のテーマである、起業初期に集客で上手くいくために必要なマインドセットとは、「誰かを勝たせる」ということ。

しかし、「誰かを勝たせる」とは言っても、大きなことではなくむしろ普段からやっていることなんです。








もしも、「見つからない!」という場合なら、忙しすぎて気づいてないか、人から「役に立った!」「ありがとう!」と言われるが、本人が受け取ってない場合がほとんどです(笑)

そんな人に限って、家族から「いてくれるだけで感謝です」と言われてたりしますから。

とは言っても、自分が普段から行ってる事が、「誰かの役に立ってるんだ!」っていう実感ほど、自分では気づきにくい部分です。

実績や結果をつくるより、普段から僕らがこなしてるルーティーンの中に財宝は眠っています。

当たり前だと思ってる私生活や過去に、以外と財宝は眠ってたりしますからね。







働くの意味について





そもそも「働く」の意味は、側(はた)を楽(らく)にすることなので、誰しもが、「労働」と言う形で誰かを勝たせています。

その実感は、直接な形としてではなく、遠くの知らない誰かかもしれません。

僕はコンサルティングという仕事を通して、「誰かを勝たせる」ことをしています。

連載企画として、僕の過去の実体験をお伝えしてるので、僕が誰かを勝たせた最初の経験についてお伝えしたいと思います^^










会社員からコンサルタントとして独立した僕は、知り合いのサロン経営してる方へ、「ビジネス教えるので受けてみませんか?」とオファーしました。




これが最初の「セールス」でした。




セールスにも「準備」が必要




普段からお付き合いのある方で、それまで何度もお会いしたことあったので、信頼残高もあったんだと思います。

信頼残高もそうなんですが、僕が普段から熱心にセミナーに行ったり、ブログ書いてたりしてるのを知っていたので、そんな姿を見ていたのでしょう。

こんなきっかけで、「お願いします」と二つ返事で、ビジネスを教える仕事が始まったのです。

その方は、子育てしながらサロン経営されてて、旦那さまは会社員。

サロン経営という店舗型ビジネスですが、セラピストという形で活動されてました。




集客後はもっと大事




これまで学んだことを「すべて」お伝えする覚悟で、オファーしたのですが、誰かに教えることが最大の学びでした。

お金をもらって教える仕事は、とても楽しくできましたし、「もっと教えたい!」「良い情報が欲しい!」という思いで、さらにセミナーに出かけました。

情報収集のために、色んな方にも会いました。

この方は、「廃業しようかな・・・」というくらいに切羽詰まった感じでした。

その顔を見るたびに、「何とかしなければ!」と思い、セミナーに出かけ、「どう言えば伝わるか?」と考えるようになりました。

相手目線になって伝えなければ、「伝える」ことにはなりませんし、ノウハウを言うだけではあまりにも傲慢だと思ったのです。




伝えることの難しさ





学んだことを伝えるよりも、その人に伝わるようにするには、

「どう言えば良いのかな?」
「理解してもらうには、この順番で伝えよう」
といった、「その人」になりきってみることで、感覚的に分かるようにしていきました。

「ビジネスを教える」ことは、未経験だったので、コンサル前には必ずシミュレーションしてました。

今でこそ、経験則で「こうなる」と判断できますが、当時の僕はその判断基準もまったく持ってません。

「こう伝えたら、納得してもらえるか?」
「納得だけでなく、理解してもらえるか?」
「理解してもらって、行動に移してもらえるか?」
「きちんと結果を出してもらえるよう、サポートしてるか?」




といった部分に、神経をとにかく使いました。







本で読んだことを「そのまま」伝えても、相手にも響きません。
さっき覚えたことを、「そのまま」言っても、理解してもらえません。
では、どうしたら、結果を出してもらえるか?

それは、自分が経験したことを話すことでした。




オリジナルコンテンツを作る





ノウハウを学んで、経験則を通じて伝えていく。

この「経験則で話す」ということが、オリジナルコンテンツなのです。

どこを探しても、世界に一つしかないオリジナルレシピになるわけです。

誰かを勝たせるには、まずは自分が経験しなければならないことを、最初のクライアントの方を通じて肌感覚で感じました。

ここで、疑問が生まれると思います。

「”実体験を伝える”とは言っても、初めてのコンサルなので、経験がないのでは?」と。

この時には、実例を使っていきました。

サロン経営ですから、周りにサロン経営や、店舗型ビジネスしてる方に「その人の過去」を聞いていきました(笑)

これを情報収集と言いますが、本を読むだけでは頭でっかちになりますから、そのまま言っても響かないし、理解してもらえません。

やる気のある人ほど、努力の方向性を正して欲しいと思っています。

逆に、やる気のない人だったり、準備ができてない人ほど、口では「頑張ります!」「オレ、頑張ってます!」アピールをしてきますが、
そんなタイプは基本的に言動と行動とが結びついてなく、自意識過剰?なのかどうか分からないですが、すぐに結果が出ないと諦める人が多いです。

保証がないと動けない・・・・

そんなタイプは、何をやってもうまくいきません。

コンサルの仕事には、努力の方向性を向けていくことだったり、行動力のある人には、その方向性を軌道修正していくことでもあるのです。

コントロールではなく、その人が本来、辿るべきルートをその人から引き出してくことです。

この感覚も、コンサル前の準備で養っていった・・・と思います。

「これを言うと、こう思考してくれるだろう」
「こう理解してくれると、ステップアップしよう」
など、様々な角度から考えていきました。

この様々な視点で、”一つ”のことを眺めるのも、自分自身を成長させられた経験だと思うのです。

当時はまだ30過ぎでしたから、この方もそうですが、クライアントが年上の方ばかりでした。

「若造が・・・」と言われたくなかったし、プロとして仕事してるわけなので、色んな角度から物事を観る機会も、コンサルタントとして活動するにあたり、回数をこなしてくにつれ、増えていきました。

この最初のクライアントは、月収が11万でしたが、結果的には11倍の月収になりました。

数字だけ見ると異常ですが(笑)




 (この方の体験談はコチラ→体験談を見る)  





ですが、人の可能性って、自分が思ってるよりも大きくて、語り尽くせないほど壮大です。

「”今日できなくても、明日はきっとできる!”という希望を持つ続けることで、月収11倍にすることができた」とこの方は言ってました。

希望を持つために、日々の姿勢も大事です。

何も努力してないのに、希望が持てるほど、お花畑な人ってなかなかいません。

何らかの根拠が必要です。明日に立ち向かうためのエネルギーが必要です。

そのために「準備」というのがあるんだと思います。

人を勝たせることは、僕の場合はノウハウを伝えるよりも、学んだノウハウをどのように実体験として伝えられるか?
そして、どれだけ相手目線に立って伝えられるのか?といったことがスタートアップ時において、キーポイントだった・・・・・と思います。

いかがだったでしょうか?

第4回目となる連載企画。

今回は「誰かを勝たせる」というテーマでお伝えしました。

今回の記事もあなたにとって、少しでも人生と仕事の底上げになってくれれば幸いです(_ _)


自分を活かしながら、収入を上げる集客ノウハウを7日間講座として詰め込みました。

また、補足教材としてライティングノウハウも、P59のテキストに詰め込んでます。

クリックして受講してください。

↓きっと、想像以上の自分と出会えるはずです。↓




今すぐ登録する

最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="263" height="192" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG