リーダーに選ばれる人の特徴と信頼される人になるには?

ナカタケこと中野丈矢です。
リーダーに選ばれる人には特徴があります。それは、実績ゼロでも信頼されるということ。こう聞くと矛盾してるように聞こえますね。

信頼される人になるには実績よりも大事なものがあるのです。その大事は何なのか?この記事で詳しくお伝えしていきます。

この記事では、

  • オンラインビジネスを学ぶ理由
  • 信頼されるには実績や能力は大して関係がない
  • リーダーに選ばれる人の共通点
  • 飲食店の訴求力を桁違いに上げるアピール方法とは?
  • ビジョンや志を伝えることが、どうして収入UPに繋がるのか?

など、お伝えしてます^^


信頼されるには実績はいらない!?

起業初期の方や、これから起業を目指す方にとって、最初の壁となるのが「実績づくり」です。 この実績を作ることで、ビジネスもスムーズに進むように感じますが、それは大いなる誤解です。

僕が月収数十万円程度をウロウロしてた起業初期は、「実績がないと信用してもらえない」というもの。 今、考えてみれば「そんな心配は一切いらない」と断言できます。

今、オンラインビジネスを学ぶべき理由

すでにビジネスをしていて、ちょうど転換期のタイミングにハマり込んでる人にとって、今回の内容は是非とも抑えて欲しい内容です。 また、ビジネスはいつの時代も本質的な部分は変わりません。

しかし、時代と共にニーズが変わるため、僕らは変わり続けることで生き残ることができるのです。 ビジネスのオンライン化も、どんどんニーズが高まってますが、コロナ前だと「オンラインでビジネス?はあ?」と言う人もいたのが、もはや化石のように感じますね(笑)

で、かのダーウィンも言ってたように、「強い者が生き残るのではなく、変化できる者が生き残る」と残しています。で、ストーリーを使うことで、どのような成果が得られるのか?
まずは、これを解説していこうかと思います!
関連記事:
ストーリーマーケティングであなたの価値をマネタイズさせる手法

信用されるには能力は大して関係ない!?

例えば、ここに二人がいます。 この二人は能力が同じ。 ですが、一方は「能力がある」と見られています。しかし、もう片方は、「信用できない」と評価されています。

ここで疑問ですが、能力があるのにどうして評価が「天と地」に分かれるのでしょう? 一方は、やりたい仕事を任されて、リーダーポジションに就くことができる。もう一方は、前者と能力が同じにも関わらず、プレゼンしても前評判が悪く、先入観で落とされます。 なぜなら、「能力がない」と見なされているのです。

これを起業初期に例えると、能力が同じなのに、事業を継続できる人と、バイトを掛け持ちしながら「ライフワーク」として続ける人の違いとも言えますね。
 

ストーリーを使うことでパラダイムシフトできる

どうせ事業やるなら、全力投球でやりたいことで日常を埋め尽くしたいですよね。 しかし、ストーリーを使えてるかどうか、もしくは知っていても使いこなせてないならば、バイト掛け持ち生活や、会社でもリーダーポジションを任せられず、「評価されない・・・」という不平不満が募る一方です。

ですが、ストーリーを使うことで、起業してどんどん売上も上がります。 会社でも信頼されるので、評価されやすくなります。同じ能力を持っていても、ストーリーを使えてるかどうかで、ここまで違ったのです!
 
では、どうすれば良いのか? 起業初期の人で、なかなか信頼してもられず、お問い合わせもなく、いつまで売上の見通しも立たないままでいるのか?

会社でも、同じ能力や同期が、昇進しているにも関わらず、「いつかは報われるはず」と何年もじっと我慢した生活から、どのようにすれば抜け出せるのか?

答えは、 「ストーリーを使うこと」 なのですが、もっと踏み込んだ話をすれば、 「進んでる未来や自分の可能性をストーリーで伝える」です。

リーダーに選ばれる人の共通点とは?

人は可能性を感じる人の所へ集まります。 つまり、エネルギーが高い人の所へ集まる生き物です。 人気者は、どこに行っても人気者ですが、その理由はやはり「未来・可能性」を伝えているからです。

能力ある人は、自分が進んでる未来や自分の可能性を、伝えていたのです。 (これをストーリーテリングと言います) 同じ能力にも関わらず、未来・可能性を伝えてるかどうかで、天と地ほどの差が生まれてるなんて、何とも皮肉なものですね。

関連記事:
神話の法則とは?ストーリーテリングの意味を理解して人の興味を惹きつけよう!

実績よりも大事なものがある

「たったこれだけ」 と思ってしまいますが、パラダイムシフトを起こすには、本当に些細なきっかけが起爆剤となるのです。 では、どうして未来や可能性を伝えることが、天と地に分けるほどの威力を持つのか? その理由は、「人は実績よりも可能性が好む」からです。

大事なので、もう一度言いますね。 「人は実績ある人よりも、可能性を感じる人を選ぶ傾向にある」ということ。ですが、「実績ある人を信頼するのがフツーでは?」と疑問が湧いてきますね。

実績って、その人の過去ですよね? 人は既に聞いた話や、既に起きた事実にはあまり興味を示さないのです。 「事実や根拠では人は動かない」という原理原則があります。  「実績があるから信頼される」と誤解してると、「実績ある人を見ては羨ましい」と自分と他人とを比べては落ち込んでしまいます。 それだと、可能性の最大化にはなりませんよね?

可能性の最大化は、実績をアピールすることではなりません。 可能性の最大化は、可能性を伝えることです。 もう少し具体例を交えてお伝えしますね。

リーダー経験とリーダー未経験の2人が採用面接に来たら?

とある企業が、マネージャークラスの人材を募集してました。 (アメリカの企業です) マネージャークラスの採用ですから、もちろんリーダーシップの能力が求められます。

二人が面接に来ました。 一人は、リーダーシップの実績がある人。 もう一人は、リーダーシップの実績がない人。 前者は、これまでリーダーシップを取ってきた実績を面接でアピールしました。片方は、実績がないのに何を伝えたのか?

もうお分かりですね^^
実績がない人は、どのようにアピールしたのか?
歩んでる未来や、自分の可能性をアピールしたのです。 それだけでなく、リーダーシップ性を測るテストがありました。 そのテストは、リーダーシップの能力があるかどうかを試すテストでした。

そのテストでは、実績は関係なく、可能性をアピールした方を「リーダーシップの能力がある」と評価したのです! テストですら、「実績は大して役に立たない」と明らかにしていたのです! それだけでなく、未来や可能性を伝えることは、能力開発にも大いに役立っていたのです!
関連記事:
今の自分にできることを続けるだけで必ず人生は変えられる!

 

信用される人の集客方法とは?

たかがストーリー。
されどストーリー。
 僕は様々な業界の方と、職業柄関わらせて頂いてます。 その中で感じることを現場調査(リサーチ)したことを含めて、先日Liveセミナーでお伝えしました。実績をアピールするよりも、自分の可能性をアピールした方が、能力があって信頼されやすくなる、と述べてきました。
これをもう少しエピソードを交えながらお伝えしますね^^

リーダーに選ばれる人が飲食店を経営するとこうなる

まずは飲食店。
これは「運命の分かれ道」とでも言いましょうか。

  1. 3星レストラン
  2. これから予約が取れなくなるレストラン

この二つのお店があり、2)の方を人は好む傾向があります。

「3つ星レストラン」と実績ではなく、お店の可能性を伝えることで、シェフが作った美味しい料理をたくさんの人に食べてもらえて、しかも喜んで頂けるのです。 もう、ストーリーを使わない手はありませんよね?

次は、アーティストの例に参ります。

リーダーに選ばれる人がアーティストとして集客するなら?

アーティストでも、実績をアピールすれば人が集まってくれるのでは?と思いがち。 ですが、ここまで読み進めてきたあなたなら、既にお分かりのように、「講演回数をアピール」するよりも、 「これから評価される次世代アーティスト」とアピールした方が、その後の活動においても差が生まれていたのです。

また、可能性をアピールした方が、自分でも意識が未来へ向かうため、「自分にが能力がない」「あの人みたいな才能がない」という言い訳をしなくなります。
そのため、パフォーマンスも上がるので、

  • 自分の所へ人が集まる
  • パフォーマンスも上がる

と言ったアーティストにとって、喉から手が欲しくなる現実を手にすることができるのです。

ストーリーの力ってすごいでしょ?

パラダイムシフトを起こすエネルギーが、ストーリーには宿っているのです。

リーダーに選ばれる人がインターネットマーケティングに参入したら?

最後の例ですが、インターネットマーケティングの話。

記事やブログ、ランディングページなどの訴求ポイントとして、実績をアピールするよりも、起業家の可能性やそのビジネスの可能性を伝えた方が、クリック率UPにも繋がっていたのです。

もはや、今回の記事は、僕が普段のコンサルでお伝えするような内容も含んでますが、それだけストーリーを理解することで、あなたをパラダイムシフトさせることができるのです。

 まとめると、 「人は、既に成功してる人、実績ある人ではなく、可能性を示せる人、ストーリーで伝える人を選ぶ」という内容でした!

特に、日本人は控えめな人種です。 「自分がストーリー語っても良いのか?」と考えてしまう人種でもあります。 ですが、ストーリーを使うことで、あなたのお客さん、未来のお客さんに喜んで頂けるのです。

リーダーに選ばれる人はストーリーで人を集める

起業初期の人がストーリーを使って、パラダイムシフトを起こせば「バイトの掛け持ち生活」や、「不安定な経営」から抜け出すことが出来るはずです。

さらに、既にビジネスをしてる人でも、ストーリーを学んだことあるが、使いこなせずに自分の価値を適切に伝え切れてない場合、どうしても停滞期から抜け出すことは難しくなります。

ですが、「ストーリー×マーケティング」によって、起業初期で実績がなくても、実績ある人よりも活躍することが出来るはずです。

僕も起業初期に月収50万円の壁を一気に突破して100万円を稼げるようになったのも、実績ではなく可能性をアピールしからで、ストーリーを使っていたからに他なりません。

ですから、是非、パラダイムシフトを起こすタイミングが来てるなら、ストーリーを使いこなせるようになって下さいね。

関連記事:
人間性を高めるには良い人をやめよう!経験をお金に変える生き方へパラダイムシフト!

関連記事:
リーダーに求められるスキルとは?「答えは自分の中にある」と理解させること


自分を活かしながら、収入を上げる集客ノウハウを7日間講座として詰め込みました。

また、補足教材としてライティングノウハウも、P59のテキストに詰め込んでます。

クリックして受講してください。

↓きっと、想像以上の自分と出会えるはずです。↓




今すぐ登録する

最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="263" height="192" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG