「自分は正しい」と主張する相手の心理は「安心させてあげる」だけで態度は一変する話。


ナカタケこと中野丈矢です。

「自分は絶対に正しい」とやたら主張してくるのは、「私は認められたい」というエネルギーです。

周りから認められている人気者は、「私は絶対に正しい」なんて言いませんよね。ましてや誰もが人格者と思う人が、「私は人格者だ・・・」なんて言いません。


マザー・テレサやガンジーなど、時代の革命家が「私は人格者だ」なんて言うのは、想像することすらできない。

でも、「私は絶対に正しい」と主張するエネルギーは、「私は認められたい」というエネルギーと同じく、コインの裏表と同じなのです。

怒りの下に流れる寂しさ


僕がコンサルの仕事を始めて間もない頃、「私は絶対に正しい」とおっしゃる方がいました。

詳細はプライバシー保護のため割愛しますが、やたらと「私は正しい」「あの人が間違ってる」とおっしゃるのです。

その方の話をもっと詳しく聞いていくと、その方からは、怒りのエネルギーを感じたのです。

この「怒り」というのは、「認められたいのに、認められなかった」というもので、「認められない寂しさ」が原因だったりします。


コンサルのはじめは、怒りのエネルギーが強くて、(経験の浅さから)正直言って、僕も「どうしようか」と思いました。


それだけでなく、その怒りのエネルギーが僕にまで飛び火し、「あんたもかい!」「金払ったのに何もしてくれんのか!」と、どんどん強い口調へと変わっていったのです。


ですが、自分の過去を回想しながら、「怒りの根源は寂しさである」というのを思い出し、飛び火する怒りのエネルギーをかいくぐりながら、その方のお話を丁寧に聞いていったのです。


すると、、、
急に涙を流し始めたのです。

僕は泣かせるようなことはしてません(笑)僕がしたことは、ただ親身になってその方の言葉に耳を傾けただけ。それも、この方と一心同体になるまで。

一心同体になるまで、相手の言葉に耳を傾けたり、呼吸の息づかいまで合ってくると(意識的に合わせるのはNG)相手の方が、次になにを話すのかが、手に取るように分かるように人間は仕組まれています。

怒りも統合で解消される


異なるエネルギーを持つ二人の人間が、一心同体にまでなってくれば、その場所のエネルギーが「グン!」と上がります。


セミナーに参加された時など、はじめて会う人同士が会話することで、体温が上がったり、一枚上着を脱いでしまうのも、お互いのエネルギーが上がったからなのです。


エネルギーは循環することで流れていき、違なる存在が「統合」することで拡大していきます。


「統合」するには、まずは相手の話を聞くことからはじまり、相手のエネルギーを受け入れること。

感じることからスタートします。


そうすると、相手もこちらのエネルギーも受け入れてくれて、お互いのエネルギーが循環していき、「統合」していくのです。

この方は怒りのエネルギーをまき散らしてたのですが、コンサルで相手(今回は僕)とエネルギー交換することで、「私は認められないのだ」と、グルグルしてたものが、循環を起こして、晴れ晴れとした表情になってくれました。


帰り際に、
「私は絶対に正しいと思ってたけど、自分に言い聞かせてた」
と言ってました。


怒りっぽい人はもとから怒りっぽいのではなく、仕事が忙しすぎて「余白がない」のか、認められない「寂しさ」のかどちらか。


もしもあなたの知ってる人が後者に当たるのなら、じっくりその方の話を聞いてあげてください。


それだけでも、世界は昨日よりも豊かになります^^

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、あなたの人生と事業を底上げし、パラダイムシフトできるようなエッセンスを凝縮して無料で公開しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください