ブランドとはなにか?「自分ブランド」や「個人ブランド」という響きに流されてはいけない理由

ナカタケこと中野丈矢です。

ブランドと聞けば、カッコいい響きがします。

起業セミナーでも、ブランディングに関する内容が流行しています。それだけ、ブランド化に成功すれば上手くいくと信じてる人が多いのでしょう。

しかし、「ブランディングさえできれば、集客は上手くいく!」という小手先のテクニックに偏っている気がしてなりません。

僕はブランドとは成果であり、積み上げてきたプロセスそのものだと思うのです。



ブランドとは成果である

 

「たくさんの人に、自分の魅力を知って欲しい」

今ではSNSが流行し、誰でも自分ブランドや個人ブランドを構築できると感じてしまいます。ビジネスのセミナーでも、ブランディングに関するものが頻繁に行われており、憧れを演出するのがブランディングだと誤解されてる気がしてなりません。

高級ブランドを身につけて、SNSで見栄えの良い写真をアップすれば、集客できると考える人も少なくはなく、確かのその側面はあるかもしれません。しかし、ブランドとは成果であり、これまで積み上げてきたプロセスそのものなのです。

ブランドは一夜にしてならず

 

高級ブランドのシャネルも、一朝一夕でブランド化に成功したわけではありません。男尊女卑の激しい時代で、女性の社会進出をコンセプトに「ココ・シャネル」というブランドを立ち上げたのです。

足を引っ張られたり、悪い噂を流されることもあったでしょう。それにも負けず、「女性の、女性による、女性のためのブランド」を構築できたのです。このプロセスこそ、ブランドだと思います。

「シャネル」と聞いただけで、何のビジネスなのか、何を取り扱ってる企業なのかがすぐに分かります。つまり、小手先のテクニックではなくプロセスそのものこそ、ブランドなのです。

ブランドはじっくり腰を据えて行うもの

 

ブランドとは小手先のテクニックではなく、成果であり、これまでのプロセスそのものだとお伝えしました。SNSでも「バズる投稿」よりも、しっかりと腰を据えて継続的な情報発信を続けていくプロセスそのものがブランドになるわけです。

一朝一夕にはブランドは構築できるはずもなく、「響く文章」「売れるキャッチコピー」に力を入れるよりも、じっくり腰を据えながら情報発信を続けていくプロセスを周りの人がちゃんと見ているわけです。

つまり、ブランドとは信頼を土台にして成り立つものだと僕は考えています。だからこそ、「あの人にお願いすれば、こんな未来が手に入る」「あの人の商品ならば、信頼できる!」と認知された時に初めて、ブランド化に成功できるのです。

SNSを眺めていると、自分自身のことを自分ブランドと評しているのをよく見ますが、僕からすると「ちょっぴり残念」な気がします。そんな小手先のテクニックに走ってしまうのも、ビジネスに人間そのものの価値を忘れているから、だと思います。さらに、人と比較することで、ブランドを構築しようとする一種の焦りから生まれているのでしょう。

自分ブランドを構築する前に土台を築こう

「ブランディング」という言葉だけで、しかし、本当の意味でもブランディングについて理解してる人は少ないように思います。
ブランディングの本来の意味は、Brand(ブランド)から成り立っています。このBrandとは烙印を肩に付けることから派生しています。つまり、肩にある烙印を見て、「この人はこんな人なんだ!」とすぐに分かるようにしているのです。
ビジネスでも用いられるブランディングという言葉には、「こんな人なんだ!」と認知してもらうだけでなく、「この人にお願いすれば間違いない!」と感じてもらえることが、本当の意味でのブランディングなのではないでしょうか?
つまり、人間性そのものにこそ、ブランド化に成功するシーズ(種)があるのだと思います。

 

あなたのプロセスそのものがブランド

 
ブランドになるには、プロセスを魅せて行くことも立派なブランディングだと思います。だからこそ、ブランディングとは出来もしない仕事を、いかにも救世主であるかのように打ち出すものではありません。
周りにまだ知られてない素晴らしい人材やサービス、商品などを広げるためにブランディングを行っていきます。小手先のテクニックや、憧れを演出するよりも、世に出回っても恥ずかしくないコンテンツを生み出し続けること、そしてそのプロセスを情報発信として伝えていくことが、自分ブランドへの近道なのです。
つまり、焦ってブランド化に成功するよりも、「良い商品だね!」と向こうから声がかかるようになって始めて、自分ブランドが構築できた瞬間なのでしょう。

ブランド化に焦ることなかれ

ビジネスを始める人は、例外なく「上手くいきたい」と考えています。焦る気持ちも、ないわけではないでしょう。休みなしで、ビジネスや仕事のことばかり考えてしまうでしょう。
しかし、ビジネスや仕事とは、お客さんがいて始めて成り立つもの。まだ自分がブランド化への途中ならば、背伸びして無理なブランディングに飛びつくよりも、目の前の仕事に一生懸命になることの方が、よっぽど重要です。
さらに、目の前のお客さんを徹底して幸せにしていくことや、自分の商品やサービスのクオリティアップにエネルギーを注ぐべき、です。
日々、仕事やビジネスに励んでるプロセスを、情報発信を通じて世の中へ伝えることで、「一人、また一人・・・」とあなたの認知が広まっていくはずです。あなたが知らないうちに。

まとめ

「ブランディングさえできれば、上手くいく」というのは浅はかな考えだと気づいたのではないでしょうか。確かに、ブランドと聞けば、カッコいい響きがします。
しかし、ブランドとは一夜にしてならず。なぜならば、ブランドとは成果であり、これまでの積み上げてきたプロセスそのものがブランドなのですから。
最後までお読みくださりありがとうございました。メルマガでは、さらに込み入った情報をお伝えしてるので、ぜひ、ご登録ください。(メルマガ登録はこちら)

約5000名以上の方へ
ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験から
自分で仕事を生み出すためのエッセンスを
114分に凝縮させた無料オンライン講座








 
最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="1200" height="630" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG