環境を変えると人生が変わる?自分を変えたい時にやるべきこと

ナカタケこと中野丈矢です。

環境を変えると、本当に人生は変わるのでしょうか?

僕はこれまで5000名以上の方と対話してきましたが、環境を変えただけでは人生が変わらなかった・・・という方も。

「人生を変えるには、自分を変えたい」という気持ちも大切です。それ以上に、「自分を変える」ことの正しい知識が必要ではないでしょうか?

この記事では自分を変えることの意味について考えながら、環境に踊らされず、人生をクリエイトしていくプロセスについても、一緒に考えてみましょう。



なぜ環境を変えただけでは、人生は変わらないのか?

 

想像以上の自分と出会うには、僕たちが辿ってきたプロセスを今一度、見直すことも大切だと僕は思います。

過去のプロセスを見直すことで、必ず次のステージへ進むための道筋が見えてきます。これを「シャイニングロード」と呼びます。

シャイニングロードと出会うには、今の自分を変えることから始まります。ここで示している自分を変えることは何も、良い家に住むことや、職業を変えることではありません。なぜならば、内面的なパラダイムシフトを起こすことで、今の自分を変えることができるからです。

この項目では、環境を変えたら人生が変わる人と、変わらない人の違いについて見ていきます。

 

環境を作る人と環境に踊らされる人

 

想像以上の自分と出会うには、内面的なパラダイムシフトが起きることから始まります。そして、環境が変われば、内面も変わります。しかし、ただ環境を変えるだけが、自分を変えることには繋がらないこともあるのです。

例えば、自分探しの旅に出かけても、内面を変えようとしなければ、その旅は「楽しい時間」以上のギフトにはなりません。もちろん、楽しい時間を過ごすのは、人生においてとても意義ある時間でしょう。

人生を変えるために、環境を変える目的で自分探しの旅に出かけても、「環境が自分を変えてくれる」と受け身な姿勢では、自分を変えることは難しくなるでしょう。なぜならば、「環境に踊らされているから」です。

セミナーを受けても、起業塾に通っても、「お金を払えば自分を変えてくれる」と考えるよりも大切なことがあります。それは、学んだ知識をノウハウを活かしながら、自分で環境を作ること。

想像以上の自分と出会うには、環境に踊らされるのではなく、環境を作る側に立つ必要があります。

   

環境を作る側に立とう

 

想像以上の自分と出会うには、環境を作る側に立つ必要があると述べました。

例えば、セミナーを受講する際も、「自分だったらこう話す」と考えながら講師の解説を受けるのと、そうでないとでは大きな違いが生まれます。なぜならば、講師側の視点が理解できるからです。

「最大の学びは教えること」とあるように、「自分だったらこう話す」という視点を育てながらセミナーを受けられるのです。

情報発信でも大切なのは、「自分はこう思う」という主張です。主張なき発信は、ただのモノクロ。主張を織り交ぜることで、自分という存在を知ってもらえるのです。

認知が広まれば、サイトのアクセスは伸び、人の役に立つ情報を発信していけば、必ず仕事が舞い込み続けます。そんな想像以上の自分と出会うためにも、あなたの主張に共感してもらえる人づくりを行っていきましょう。

   

環境を変える前に、自分を変えよう

 

ここまで見てきたように、受け身な姿勢ではなく、常に発信者側に立つ意識が想像以上の自分を引き寄せてくれます。

また、日本という国は、成熟しきっています。食べたい物は、すぐに手に入る物質的な豊かさがあります。スマホ一台あれば、知りたい情報を知ることができます。

つまり、発信者側に立たなくても、生活していける豊かさがあるのだと思います。

便利すぎるが故に思考停止?

 

僕がフランスへ行った時、関西国際空港から飛び乗りました。航空会社はエールフランス。いきなりストライキが起きたのです。それも搭乗2時間前に起きたのです。

海外の航空会社がストを起こすのが、当たり前だそうです。しかし、日本の航空会社はストなんてもってのほか。もしも、ストを起こしてしまえば、乗客に迷惑がかかってしまうからです。

 

これを経験する前は、「飛行機は時刻通りに飛んで当たり前」と考えていました。しかし、これは日本の航空会社がプロフェッショナルだから、時刻通りに飛んでくれたのだと再認識させられたのです。

これは飛行機だけではありません。パリの駅で電車を待っていると、電車が来ないのです。またストが起きたのです。日本の鉄道会社は、定刻通りに動いてくれます。ほんの数分も遅れてしまえば、大クレーム。特に、山手線は365日、定刻通りに動いてくれてます。

まさに、完璧な仕事、だと思います。

便利すぎるが故に、些細なミスが起きてしまうと、「信用できない」と考えてしまう風潮があるような気がします。そんな風潮が、完璧主義な人を増やしてる気がしてなりません。

だからこそ、「自分の基準」を育てていくことが何よりも重要だと思うのです。

   

習慣をバージョンアップするには?

 

日本は成熟しきっているが故、完璧主義者を増やしてしまう風潮があると述べました。完璧主義になると、思考が固まってしまい、挑戦心を忘れてしまいます。つまり、過去のパターンからでしか選択肢を決められず、想像以上の自分と出会うことを遠ざけてしまうのです。

可能性を最大化させるには、「過去のパターン」ではなく、「これからの自分」を新しく選んでいく必要があるのです。そのためにも、日々の習慣においても、「捨てる習慣」と「続ける習慣」とに分けていく必要があるのだと思います。

とは言っても、いきなりハードルの高い習慣を身につけるよりも、今すぐにでも出来る習慣から始めれば良いのです。ダイエットでも、いきなりマイナス10キロを目指すより、「1ヶ月2キロ」と決めて、自分の身体と向き合う方が、新しい習慣づくりには大切なプロセスだと思います。

少しづつ自分に負荷をかけていき、「過去のパターン」ではなく、「これからの自分」を選んでいきましょう。

 

まとめ

環境を変えると人生を変えられる人と、そうでない人との違いについて見てきました。環境が変わっても、人生を変える人は、環境を自ら作る人、でしたね。
成熟しきった日本に住んでいると、自分で考える習慣を身につけるのは、ひょっとすると難しいことかもしれません。しかし、人生を変えて、自分を変えるには、自分の主張を伝えていく必要があるのです。
あなたの主張に共感する人と出会うためにも、環境に踊らされず、自ら環境を作り出していきましょう。

約5000名以上の方へ
ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験から
自分で仕事を生み出すためのエッセンスを
114分に凝縮させた無料オンライン講座








 
最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="1200" height="630" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG