顧客ニーズの把握はビジョンを描くことから始めよう。


ナカタケこと中野丈矢です。

ビジネスでは、顧客ニーズに合わせて商品・サービスを考えるのが一般的なセオリーです。

しかし、顧客ニーズの把握する事が、商品・サービスが売れて売上も上げる事に繋がるのでしょうか?


やりたい事や届けたい想いがあるから、ビジネスをする人も少なくはありません。ですが、ニーズを先行し過ぎて、本来の在り方を忘れてしまう人もいます。

例えば、

  • 顧客ニーズの把握しなければ、商売にならない
  • 顧客ニーズを優先しても、自分をすり減らすのでは?
  • ニーズを先行し過ぎてしまい、安売りになるのでは?
  • やりたいことと顧客ニーズのバランスが分からない

といった疑問を持つ人です。

僕はこの記事を通じて、「顧客ニーズの把握はビジョンを描くことから始めよう!」とお伝えします。

なぜならば、ビジョンを描きストーリーで伝える事で、顧客ニーズを満たす事ができるのです。そして、ビジョンを描くことから始まれば、独自性をウリに世界観で顧客を惹きつけられるからです。


では、どんなプロセスを経て、顧客ニーズの把握ができて、独自性を発揮させて志でマネタイズできるのでしょうか?

なぜニーズよりビジョンを先行するのか?


では、どうしてニーズよりビジョンややりたいことを先行すべきなのか?これについて解説していきます。

顧客ニーズの把握することで、売る商品・サービスを決める人は、「ビジョン先行なんて考えられない」と思うでしょう。さらに、「売る商品を決める前に顧客ニーズの把握から始めなければならない」と教わった人もいるでしょう。

確かにセオリー通りです。

ですが、ニーズ先行でビジネスを始めればすぐに限界が来てしまうのです。

これはどういうことなのか?

客観視し過ぎて共感が生まれにくい


共感されることで、あなたの商品・サービスの認知が広がっていきます。では、共感とはどこから生まれるのでしょう?

率直に言えば、共感はニーズから生まれません。共感はやりたい事やビジョンから生まれるのです。


MBAやビジネススクールなどでは、データを使い分析を行う事で顧客ニーズの把握の仕方を学びます。つまり、客観的な視点をデータ分析で分かるわけですが、感情に訴えかけたり、共感が生まれ深めていくには客観的な視点は、どうしても邪魔になってくるのです。


なぜならば、客観視すればするほど主観がなくなるからです。ここで言う主観とは、ビジョンややりたい事などです。コアコンセプトも主観ですね。

主観と客観のバランスも大事ですが、

  • SNSを更新してるけど共感されてない感じがする
  • 記事やメルマガを書いてるけどあまり読まれてない気がする

といった悩みは、ひょっとすると客観視し過ぎてる可能性があります。これは頭が良い人ほど陥りやすい罠です。

ここで悩んでる人は、極を取る勢いで今一度、やりたい事やビジョン先行で進めてはどうでしょうか?

ありきたりで凡庸になってしまう


僕がニーズ先行ではなく、ビジョンややりたい事先行にすべき、とお伝えする理由は、ニーズ先行だとどうしても、「ありきたりで凡庸になってしまう」のが1番の理由です。

共感を生んで深めていくにはビジョンが必要だと先に述べました。さらに、独自性をウリにビジネスをする事で、収益の半自動化も達成できるわけです。

しかし、ありきたりで凡庸なのに、たくさん記事やメルマガを書いてても「どこかで読んだな」「ありきたり」「・・・つまらない・・・」と感じられてしまい、飽きられてしまうのです。どうしてもニーズ先行では、共感が生まれにくいデメリットがあるのです。

またデータ分析で大事なのは数字を見ていく事。それ以上に、数字に込められた意味も感じ取る事が重要です。データ分析は周囲を納得させたり、「これで行こう」と確信を得るために行う意味もあります。

ですが、もっと大切なのはデータ分析とは、数字に込められた意味を観察する事で、人間の行動を理解するための「ツール」にしか過ぎないこと。

ビジネスは数字を上げる事が目的ではありません。人と人との関わりでこそ、ビジネスが成り立つのですから、数字を追いかけてれば本質である『人間の行動』が見えなくなります。

僕が「ニーズ先行はすぐに限界が来てしまう」と述べる理由はお分かり頂けたでしょうか?

顧客ニーズよりリーダーシップ


顧客ニーズの把握を意識し過ぎれば、ありきたりで凡庸になる可能性があると述べました。 独自性で人を集めるには、顧客ニーズを満たすだけが正解なわけではありません。

ビジョンややりたい事、さらに志を言語化する事でも人を集めてマネタイズできるのです。 つまり、志でマネタイズできるわけです。

そのためには、顧客ニーズの把握よりも大事な要素としてリーダーシップを発揮する事が挙げられます。

なぜリーダーシップなのか?


ビジネスをする事は、自分の城を持つ事です。 つまり、その国の王・女王になるわけです。

顧客ニーズの把握は、国民の声を聞いて集める事。
しかしながら、これは日本人の特性でしょうか・・・ 国民の声を集めて不安・不満を解消する事に意識を向けてしまいます。

ですが、自分の城を持つ王は国民を幸せにする役割を担ってます。 未来志向がなければ、王・女王は務まりません。

また、自分の城を持つことを他の表現では、『世界観』と言い換えられます。 世界観に国民(顧客)は集まるのであって、そのためにはやはりビジョンややりたい事、志を明確にし言語化させる必要があるのです。

このビジョンで果たして国民は幸せになれるかどうか、国の方向性により精度を持たすべく、軌道修正するために顧客ニーズを掴むのです。

人は世界観に集まる


自分の城を持つ事は、国民を良き未来へ導いていけるリーダーシップを必要とされます。志でマネタイズするためにも、ありきたりで凡庸なビジネスだとすぐに限界が来てしまいます。

「稼げそうだから参入しよう」という動機では、志でマネタイズする事は難しくなります。

物を売るビジネスでも、商品ありきでマーケティング仕掛けても、同じ商材を扱う人とで埋れてしまいます。その結果、価格の安さが選ばれる要因になります。 これだと、志でマネタイズする事にはなりません。

志でマネタイズするには、顧客(国民)に良き未来を提示して、導く事が必要です。 これは、商品・サービスに新しい意味を与えて、買う理由を差し出す事に似ています。

これについては下記の記事にて詳細を述べています。

 関連記事

リーダーはストーリーで伝える


自分の城を持ち、国民に良き未来を提示するには、ストーリーで伝えていきます。良きリーダーは、ストーリーの力を存分に使います。

「経営者たる者はストーリーテラーであれ!」と僕は提唱してますが、リーダーの志に顧客を巻き込むためにストーリーで伝えます。

ストーリーで伝えるのですから、独り言ではあってはなりません。主役は王ですが、そのストーリーの登場人物に顧客(国民)にも参加してもらわなければなりません。

また、志でマネタイズするために、顧客をお客さん扱いするのでなく、大事な仲間として接する事が重要です。ビジネスでも人と人との関係性で成り立っています。

例え物を売るビジネスでも、「誰から買うか」が重要であり販売者の志やビジョンにお金を払います。

リーダーは、顧客(国民)の声を代弁する必要があり、そのために顧客ニーズの把握が必要だったのです。

 関連記事
*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、あなたの人生と事業を底上げし、パラダイムシフトできるようなエッセンスを凝縮して無料で公開しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください