起業家になるには?僕が個人で起業して集客したプロセス


ナカタケこと中野丈矢です。

起業家になるにはビジョンが必要です。
そのビジョンに共感して、共に未来をつくる人を集める必要があります。

人を集めることを『集客』と言います。
個人で起業して最初の壁が集客です。

僕が独立起業して初期の頃、集客で上手くいった方法を公開しています。

今でこそ起業家の方や企業様へコンサルティングをさせて頂いてますが、個人で起業した当初はクライアントはゼロです。では、ゼロからどのように集客して行ったのか?

この記事で解説しています。

個人で起業した場合の集客ですが、僕の場合、起業初期に集客で上手くいった・・・とは言うものの、ずっと右肩上がりだったわけではありません。

今でこそ話せるのは、起業には「集客」の乗り越えるべきポイントが必ず存在します。

そのポイントを、僕がどのように乗り越えてったのか?を過去の体験と共にマインドセットを行うことでパラダイムシフトしていったプロセスをお伝えしています。

起業家になるには顧客に何を提供すべきか?


起業家になるには、顧客に何を提供すべきだと思いますか?

起業家になるために必要なのは、ビジネスモデルや人脈、資金も必要です。

それら以上に必要なものがあります。
もしも、この要素がなければいくら人脈があっても、資金をたくさん集められても、無駄打ちしてしまう可能性が出てしまいます。

その要素とは?

今から解説していきますね。

起業家になるには人気者になれ!


起業家になるには、人気者にならなければなりません。いくら才能があっても、人気者でなければ人が集まらないからです。

人気者は、生まれてから人気者ではありません。「人気者になる」と決めて人気が出てきたのです。個人で起業するにも人気者になる必要があり、人気者になるためには「誰かを勝たせる」ことが必要です。

誰かを勝たせることで、僕らは人気者になれるのです。

では、「誰かを勝たせる」って何?と思うでしょう。

誰かを勝たせることが起業家になるための条件です。

誰かを勝たせることについて少し解説していきますね。

起業家になるには価値を提供しよう


個人で起業する動機には「有名になる」「お金を稼ぐ」と言ったものがあります。

有名になるにも、人気者になる必要がありますね。
お金を稼ぐにも、あなたの商品やサービスにお金を払ってくれる人が必要ですよね。

顧客がいて初めて、人気者になれたり、お金を稼ぐことができるのです。

このことを絶対に忘れてはいけません。

パラダイムシフトを起こすならば、自分が勝つのはもちろんのこと、誰かを「勝たせる」ことはベースとなる考え方です。とは言うものの、僕が起業した当初は「自分が勝つ」ことばかり考えてました。


起業家として活動していくうちにパラダイムシフトが起こったのです。

その一例として、「自分が勝つ」ことも大事ですが、「誰かを勝たせる」ことが起業家に必要なマインドセットだと実感したのです。

「今の僕」にとっては、「勝たせる」ことは当たり前の考え方となっています。

日頃から、コンサルティングをしてるので、コンサル生やクライアントを「勝たせる」ことが僕の仕事だからです。

集客する、つまり人気者になりたければ、まずは誰かを勝たせることが始まりです。

起業家マインドを養成しよう


コンサル中にクライアントから「勇気もらいました」「売り上げが上がりました!」と言ってもらえるのは非常に嬉しいことです。

またメルマガの返信にも、「自分がやってきたことに正しいと思え、今後の活動に励みになります」といった声も頂いてます。


「誰かを勝たせる」と聞いても、とても大きな言葉のように聞こえませんか?


僕自身も、「ナカタケくんも、次は誰かを勝たせていきましょう」と言われても、「荷が重すぎる・・・・」とすら思ってました(笑)


しかし、この「誰かを勝たせる」ことは、あなたも普段からやっていることなんです。


もしも、「自分には荷が重いよ!」と思っていたり、「何を持って勝たせるのか?見つからない・・・」という場合ならば、たいていの場合はこの2パターンに限ります。


それは、忙しすぎて本当に自分に気づいてない。


そして、人から「役に立った!」「ありがとう!」と言われるが、本人が受け取ってない場合がほとんどです(笑)



「そんなこと言われたことない」と言う人に限って、友人や家族から「いてくれるだけで感謝です」と言われてたりしますから・・・



必ずあるはずです^^



とは言っても、自分が当たり前のようにしてる事が、「誰かの役に立ってるんだ!」っていう実感は、なかなか気づきにくいことなんです。


「当たり前」と思ってる習慣ほど・・・


大きな実績や目立った結果をつくるよりも大事なことは、あなたの無意識にあります。

無意識・・・とは言っても、難しい言葉じゃなく、日々あなたが生きてる習慣の中に財宝は眠っているのです。

自分では、「これくらい当たり前だ」と思ってる習慣に、想像以上の財宝が眠ってたりしますからね。


「働く」という言葉の意味は、側(はた=周りの人)を楽(らく)という意味があります。つまりあなた自身も、「労働」と言う形で、必ず誰かを勝たせているんですよ^^


「私は、誰かの役に立っているんだ・・・」

その実感は、直接的な形としてではなく、間接的な形として、遠くの「知らない誰か」かもしれません。

僕はこうやって起業家として集客していった


僕はと言えば、「コンサルタント」という職業を通して、「誰かを勝たせる」ことを習慣としています。物事には「はじまり」があるように、僕にもコンサルタントとして活動する「はじまり」があります。


僕の起業して初めての集客は、知り合いのサロン経営してる方へ、「僕が丁寧にビジネス教えるので受けてみませんか?」とオファーしたことが「はじまり」でした。

これが最初の「セールス」でした。

SNSや個人メディアでの発信が集客に繋がる

普段からお付き合いのある方で、しかも何度もお会いしたことあったので、信頼残高もあったんだと思います。


信頼残高もそうなんですが、僕が普段から熱心にセミナーに行ったり、ブログ書いてたりしてる のを知っていたので、そんな姿を見ていたのでしょう。


こんなきっかけで、「お願いします」と二つ返事で、ビジネスを教える仕事が始まったのです。

実績や評判よりも「信用」の方が人を惹きつけるパワーがある
んだな、とこの時に感じました。

その方は、子育てしながらサロン経営されてて、旦那さまは会社員。

サロン経営という店舗型ビジネスですが、セラピストという形で活動されてました。

教えることが最大の学び

これまで学んだことを「すべて」お伝えする覚悟で、オファーしたのですが、誰かに教えることが最大の学びでした。


お金をもらって教える仕事は、とても楽しくできましたし、「もっと教えたい!」「良い情報が欲しい!」という思いで、さらにセミナーに出かけました。


情報収集のために、色んな方にも会いました。


この方は、「廃業しようかな・・・」というくらいに切羽詰まった感じでした。


その顔を見るたびに、「何とかしなければ!」と思い、セミナーに出かけ、「どう言えば伝わるか?」と考えるようになりました。


「この人のお困りごとは何だろう?」と相手目線になって伝えなければ、僕の言葉で「伝える」ことにはなりませんし、ただ学んだことや覚えたことを言うだけでは、学校の授業と大して変わらず、答えのないビジネスの世界において、この姿勢ではとうていやっていけないことは、肌感覚で感じていました。



学んだことを伝えるよりも、その人に伝わるようにするには、「どう言えば良いのかな?」「理解してもらうには、この順番で伝えよう」といった、「その人」になりきってみることで、感覚的に分かるようにしていきました。

売れるコンテンツの作り方


「ビジネスを教える」ことは、あまり経験がなかったため、コンサル前には必ずシミュレーションしてました。


今でこそ、経験則で「こうなる」と判断できますが、当時の僕はその判断基準もまったく持ってません。

「こう伝えたら、納得してもらえるか?」

「納得だけでなく、理解してもらえるか?」

「理解してもらって、行動に移してもらえるか?」

「きちんと結果を出してもらえるよう、サポートしてるか?」

といった部分に、神経をとにかく使いました。


本で読んだことを「そのまま」伝えても、相手にも響きません。セミナーに参加して覚えたことを、「そのまま」言っても、理解してもらえません。頭では理解してもらっても、行動したり実績を出してもらえません。

では、どうしたら、結果を出してもらえるか?

それは、自分が経験したことを話すことでした。


ノウハウを学んで、経験則を通じて伝えていく。この「経験則で話す」ということが、オリジナルコンテンツなのです。どこを探しても、世界に一つしかないオリジナルレシピになるわけです。

誰かを勝たせるには、まずは「自分がまず経験していく」ってことを、このクライアントを通じて感じました。

起業家になるには「やったことがない!」は最大の武器になる


ここで、疑問が生まれると思います。

「”実体験を伝える”とは言っても、初めてのコンサルなので、経験がないのでは?」と。

この時には、実例を使っていきました。

サロン経営ですから、周りにサロン経営や、店舗型ビジネスしてる方に「その人の過去」を聞いていきましたね(笑)

これを情報収集と言いますが、本を読むだけでは頭でっかちになりますから、そのまま言っても響かないし、理解してもらえません。

「あ〜そうなんだな〜」「へ〜そんなんあるんだ〜」と耳にしてもらっても、記憶してもらえません。

起業家になるには口ではなく行動で示せ


やる気のある人ほど、努力の方向性を正して欲しいと思っています。

逆に、やる気のない人や、覚悟がまだできてない人、準備ができてない人ほど、口では「頑張ります!」「オレ、頑張ってます!」アピールをしてきます。

そんなタイプは基本的に言動と行動とが結びついてなく、自意識過剰?なのかどうか分からないですが、すぐに結果が出ないと諦める人が多いです。

自分を守ってくる保証がないと動けない・・・・

そんなタイプは、何をやってもうまくいきません。


コンサルの仕事には、努力の方向性を向けることや、行動力のある人には、その方向性を軌道修正していくことでもあるのです。


「軌道修正」とは言っても、コントロールではなく、その人が本来、辿るべきルートをその人から引き出してくことです。


この感覚も、コンサル前の準備で養っていった・・・と思います。


「これを言うと、こう思考してくれるだろう」

「こう理解してくれると、ステップアップしよう」

など、様々な角度から考えていきました。

たった数ヶ月で月収が11倍!?

この”一つ”のことを様々な視点から眺めるのも、自分自身を成長させられた経験だと思うのです。

当時はまだ30過ぎでしたから、この方もそうですが、クライアントが年上の方ばかりでした。


「若造が・・・」と言われたくなかったし、プロとして仕事してるわけなので、色んな角度から物事を観る機会も、コンサルタントとして活動するにあたり、回数をこなしてくにつれ、増えていきました。

この最初のクライアントは、月収が11万でしたが、結果的には月収11倍になりました。


数字だけ見ると異常ですが(笑)

(この方の体験談はコチラ→体験談を見る)

自分の可能性を信じて突き進もう


人の可能性って、自分が思ってるよりも大きくて、語り尽くせないほど壮大
です。


「”今日できなくても、明日はきっとできる!”という希望を持つ続けることで、月収11倍にすることができた」とこの方は言ってました。


希望を持つために、日々の姿勢も大事です。
何も努力してないのに、希望が持てるほど、お花畑にはなれるほどおめでたい人っていません。

何らかの根拠が必要です。明日に立ち向かうためのエネルギーが必要です。

そのために「準備」というのがあるんだと思います。


人を勝たせることは、僕の場合はノウハウを伝えるよりも、、、
学んだノウハウをどのように実体験として伝えられるか?そして、どれだけ相手目線に立って伝えられるのか?といったことが起業家になるには何よりも必要なリソースだった・・・・・と思います。

*お名前(姓・名)
*メールアドレス


公式無料メルマガ登録


公式メルマガでは、あなたの人生と事業を底上げし、パラダイムシフトできるようなエッセンスを凝縮して無料で公開しています。

30秒で登録できるので、ぜひご登録ください^^



7日間集中メール講座



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください