運命が変わる時に気を付けろ!人生の流れが変わる時は過去の自分に戻りやすい

ビジネスコーチ / ビジネスコンサルのナカタケこと中野丈矢です。


運命が変わるときはいつも以上に、慎重になってみましょう。

いつも以上に慎重になる理由には、必ず理由があります。その理由には、「何をやってもうまくいかない」と感じることもあるからです。それも頻繁に出てくるのです。心が折れそうな日もあるでしょう(笑)


しかし、「何もかもうまくいかない・・・」と気持ちを塞ぎ込むよりも、「人生の流れが変わる時だ」と感じる力も思い出して下さいね。です。なぜならば、そんな人生の流れが変わる時には、決まったパターンがあるからです。


そのパターンを知っておくことで、自分なりの勝ちパターンにも気づけます。勝ちパターンを掴むためのポイントをこの記事では述べています。

また、人生の流れが変わる時に必要なのは、自分を変えること。では、どのように自分を変えていけば良いのか?これについても述べていくことにします。

さらにこの記事では、僕が約5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきたエッセンスを凝縮させて、『人生のステージが変わるとき見過ごしがちな運気の前兆や兆候、運命の変化】などをシェアしていこうと思います^^

人生のステージの変わり目に起こること

どんな一流であろうとも、失敗する時もあります。失敗を失敗にするのか、それとも経験や知恵にするのかはその人次第です。人生の流れが変わる時にこそ、失敗を経験や知恵にすることで、人生のステージを上げていけるのです。

それだけでなく、ステージが上がれば上がるほど、大きな困難や課題があなたの前に襲いかかってくるからです。ちょうど今、転職や起業を考えてる人にとっては、「今の環境を変えれば、天国が待ってるはず」と考える人もゼロではありません。

確かに、転職や起業することで人生のステージを上げることはできます。しかし、人生のステージを上げたからといって、決して天国が待っている…ということはありません。

これはどういうことなのか?

人生の流れが変われば天国なのか?

人生の流れが変われば、まるで楽園のような暮らしが待っていると思いますか?結論から言えば、人生の流れが変わったり、人生のステージが上がっても、必ずしも楽園が待っている…ということはありません。

例えば、
  • ずっと寝ていられる
  • 飲みたいジュースがいつでも飲める
  • 食べたいものがすぐに出てくる
といった、世間一般的な「楽園のイメージ」を持っていると、期待を裏切ってしまうでしょう。

人生の流れが変われば、人間関係のストレスやプレッシャーのない生活を思い浮かべがち。ですが、ストレスのない暮らしって実は老化を促進します。適度なストレスこそ、僕らを若々しく保ってくれ、適度な忙しさが能力の維持向上に繋がるのです。

スポーツ選手がいきなり練習を1ヶ月辞めても、すぐに辞める前とでは体の動き方も違うように、「元に戻す」ことにエネルギーを注がなくてはなりません。体力も筋力も、試合感覚も、「元に戻す」ことにエネルギーを注がなくてはいけません。

では、ストレスもない、プレッシャーもないようなおとぎ話に出てくるような楽園にいれば、「元に戻す」ためにどれだけエネルギーを注がなくてはいけないのか??

例えば3年前と今と体重を比べて、10キロ太っていたとして、10キロ落とすべく「元に戻す」ために、どれだけダイエットをする必要があるのか??想像するだけでも気が重くなりますよね・・・。

さらに、ゴールデンウィークや年末年始の大型連休に、ストレスのない毎日を過ごしても、連休明けに憂鬱な気分になるのも「元に戻す」ことに、かなりのエネルギーを用いるからです。

このようにステージが変わっても、必ずしも楽園に行ける….ということにはならず、むしろ楽園で過ごしてる間の自分を「元に戻す」ことが必要になってくるのです。

止まらない自分への疑い

人生の流れが変わる時は、特に「感情の揺さぶり」が起きてしまいます。感情の揺さぶりの原因は、まさに「自分への疑い」です。今まで自分を形成してきたアイデンティティが、人生の流れが変わる時に崩壊してしまうからです。

例えば、学生から社会人になるタイミングでは、特に感じるのが「今まで甘かったな」という気づき。今まで親や先生、学校など先輩方が守ってくれたからこそ、楽しい学校生活を送れました。けれど、社会人になれば、今度は自分が仕事を通じて喜びや幸せを与える立場になります。

学生から社会人になるような、人生の流れが変わる時には、無価値観や無力感を感じます。この無価値観や無力感こそ、「自分への疑い」の正体でもあったのです。

「自分には何もできないのか・・・」

人生の流れが変わる時にこそ、このような感情の揺さぶりは頻繁に起きるのです。ここが踏ん張りどころです。ここで立ち止まるのか、それとも突き進むのかで、人生の流れが変わる時を活かすことができるのです。

平凡ではなく、非凡な人は人生の流れが変わる時に突き進んでいます。それだけでなく、「自分はこう生きる!」と覚悟して突き進んでいるように感じます。だからこそ、情報や周りの人に振り回されず「自分軸」をしっかりと持っているのです。

下記の関連記事には、人生の転換期に起こることを詳しく述べてるのでぜひ読んでみて下さい。
関連記事

運気を下げる前兆

ですが、これも実を言うと本人が選んでいるのです。自分にとって正しさが分からないため、間違いであったとしても「私が正しい」と主張してくることも。

ステージを変えるには、「私が正しい」を疑うことからスタートします。

なぜならば、人生のステージが変わる時こそ、「私が正しい」と信じ込んでた価値観さえ、疑いが強くなっていくのです。
  • もしかして、私は間違えていたのか?
  • そもそもとして、何が正しいのか?
そんな疑いが強くなるのが、人生のステージが変わるときなのです。

自分への疑いを逆に振り切って「私は正しい」と主張するあり方が、運気を下げる前兆だったりするのです。
関連記事

人生の変わり目こそ決断が必要

自分への疑いが強くなれば、これまで信じきっていたすべてを疑いだします。
  • 自分が生まれてきた意味とは?
  • 自分に与えられた役割とは?
  • この命を何に使うのか?
答えを探せど、見つからないのです。

なぜなら、その答えは自己承認によって見出せるのですから^^

幼少期に満たされない記憶を埋める

人生のステージが変わる時とは、自己承認していくタイミングでもあるのです。

これまで信じていた価値観を覆される出来事が、連続して起こります。

「その生き方では、すでに限界が来ている」

そう思わざるを得ない現実が、次々と起こるのです。その度に、自己否定に陥りますが、これは儀式でもあるんです。

方向転換をしなければ、生きづらさがどんどん強くなるのです。

方向転換をすることは本人にとっては、避けて通りたいプロセス。ですが、人生のステージを変えるには、どうしても避けては通れないプロセスなんです。
  • 許しなくない人がいるけれど自分にも非がある
  • 見方を変えるとその道もあった
といったパラダイムシフトが起こるのです。

今の思考パターンや、感情パターン、行動パターンでは八方塞がりしか感じず、どうあがいても過去に起きたことを連続してスクリーンに映し出されているような感覚がするのです。

その映し出されるスクリーンとは、幼少期の記憶を追体験するような出来事でもあるのです。

幼少期の記憶を遡って、自分が満たされなかった感情や記憶を埋めようとすることで、生きづらさを感じるのです。

痛みを避けずに進むことも大事

痛みを避けること=満たされなかった感情を埋めようとする

この方程式が成り立っていますが、この方程式(パラダイム)の中にいると本当の自分は、ますます見えなくなるのです。

これまで避けてきた分、「元に戻る」ことが大事。

痛みとともに行動するプロセスこそが、人生のステージが変わる時に必要なマインドセットなのです。

人生のステージが変わる時は、人それぞれ起こる出来事は違います。

ですが、ある程度の予測はできるもので、そのある程度の予測をこの記事にまとめているので、人生の岐路に立った時にまたこの記事を読んでみてください^^

すべてはクリエイトできる

生きづらさの正体は、幼少期の記憶だったり、これまで避けてきた偽の欲求を満たしたい願望だったりします。

答えを外に求めずに、答えは自分でクリエイトできることに気づけば、本当の自分へはどんどん近づけるのです。

人生のステージが変わる時に、最も必要なのは意志力です。

「元に戻る」ためにも意志力が必要で、これまで偽の欲求を持ち続けてきたからこそ、「騙し」がやってきます。その騙しを意志力を持つことで、突破できるのです。

「新しい自分になる」という意志力こそが、運命の変化においてもっとも必要なマインドセットだったのです。
関連記事

約5000名以上の方へ
ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験から
自分で仕事を生み出すためのエッセンスを
114分に凝縮させた無料オンライン講座





 
最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="263" height="192" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG