人と違うことがしたいのは必ず理由がある

ナカタケこと中野丈矢です。

あなたはひょっとすると、こう感じてるかもしれませんね。

 

それは、「自分は人と違う気がする」というセルフイメージを持っているでしょう。そうでなければ、この記事を読んでいないはずです。

 

だからこそ、「人と違うことがしたい」という気持ちがあるからこそ、人と違う生き方を選ぼうとしてるんだと思います。

人と違うことがしたくなる理由

 



あなたはどうして人と違うことがしたいのでしょう?

必ず理由があるはずです。その理由を一緒に辿っていきましょう。

まずは、人と違うことがしたい人の共通点から参りましょう!

人と違うことがしたい人の共通点とは?

もしかすると、あなたも下記の2つに当てはまるかもしれません。

それは、
  • 人と違うことがしたい
  • 人と同じは避けたい
ということ。

 

このタイプの方には必ず共通点があります。それは、「人よりも感じる力が強い」のが共通して当てはまります。というのも、周りの人が気づかない点が気になるからです。

強い感受性を活かした働き方とは?

例えば、ファッションコーディネーターとして活躍してる人は、「この人の着こなし、少し工夫するだけで見違える」と、本人が気づきもしない点が気になります。

 

また、カウンセラーやセラピスト、コーチングとして活躍してる人も、自分を変えようと努力する人へ、本来在るべき姿へナビゲートしたり、その人が持つルール(価値観)を的確に読み取って感じ取り、本来あるべき姿へナビゲートしていきますね。

 

僕自身、ビジネスコーチ、ビジネスコンサルとして、様々な業種の方へセッションしてきましたが、最初から何の障壁もなく、マイナスの出来事は起きなかった・・・という方はいらっしゃいません。

 

なぜならば、すでに活躍してる人は、活躍するまでの期間までの間、人と違う見方をしてしまう自分を否定していたり、あるいは生きづらさを抱えていた過去があったのです。

 

そんな障壁をエネルギーや生きる力にしていたのです。

 

つまり、感じる力を仕事に活かそうと、新しいことにチャレンジしても、周りから理解されにくかった過去もあります。
関連記事

あなたを必ず理解してくれる人は現れる

ここで「自分は理解されにくい人間だ」と諦めるのではなく、「理解されるまで、やってみよう」という気持ちも時には大切です。

 

SNSでは”フォロワー数”が、その人の影響力を測る上での(絶対ではないにしても)一応の目安にはなります。

 

「理解されるまで、やってみよう」という気持ちにフタをせず、SNS上でのフォロワー数を増やしていって、”理解されやすい状態”に自分をシフトチェンジしていくのも、一つの手段でしょう。

 

一度でも良いので、SNSなどの情報発信を通じて、読者から「ありがとう」という声をもらえば、さらに気づくことがあるでしょう。

 

どんな気づきか?

 

それは「自分は理解されにくい」のではなく、「理解を求める相手が違ってた」ということ。

伝える相手を間違うとこうなる

辛い料理が苦手な人に、香辛料について詳しく伝えていた・・・という、何とも言えないことが、行く道を遮っている事もあるのです。

 

あるいは、

人と同じであることに安心感を得ている

・毎日、会社に行って帰宅するだけの日々に何の疑問を持ってない

という「自分を変えようとは思わない人」へ向けて、伝え続けていた事も考えられますね。

 

感じる力を活かした仕事をやってみたい、あるいは既にやってる人は、そういった「自分を変えようとは思わない人」から理解されない事もあるので、その場合は伝えたり、理解を求める人が間違えていた・・・と考えてみてくださいね。

 


必ずしも「自分は理解されにくい」とか「自分には価値がない」とは考えないようにしてくださいね。
そんな感じる力が強い人が、スキルを身につけていけば、それこそ「人とは違う仕事」と出会えるはずです。

 

特に、ライティング力はこれから必須のスキルとも言えるでしょう。

 
関連記事

人と違うことがしたい人が身につけるべきスキル

SNSやブログなど、オンライン上でその人の魅力や価値が判断できるからで、豊かな感性をスキルを磨いていけば、唯一無二の価値を生めるだけでなく、社会情勢に左右されない働き方ができるはずです。


また、感じる力を活かすには、自分が感じたことに対し、「これが正解かどうか分からない」と言った理由で感性を閉ざすのではなく、「正解かどうかは分からないけど、感じた事なので伝えてみる」という姿勢がとっても大切です。

 

僕自身も、初めてコンサルした時、感じたことに対して「これ伝えようかな?」なんて躊躇してました。けど、伝えなければその人が持つべき本来性に気づかないので、恐る恐る伝えました。

 

すると、相手の人は「確かに、そうかもしれません!」と言って下さったのです。

これにはとても勇気がいりましたね(笑)

 


「感じたことが全て」だと捉えるには、ある程度の場数も必要ですから、「初めから自信満々」になる必要もないので、感じたことを直ぐに実行する習慣を身につけていきましょう^^

関連記事

自分を活かしながら、収入を上げる集客ノウハウを7日間講座として詰め込みました。

また、補足教材としてライティングノウハウも、P59のテキストに詰め込んでます。

クリックして受講してください。

↓きっと、想像以上の自分と出会えるはずです。↓




今すぐ登録する

最新情報をチェックしよう!
 data-src=幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!" width="263" height="192" >

幸せに稼ぐ生き方メールマガジン配信中!

5000名以上もの方へ、ビジネスコーチ / ビジネスコンサルしてきた経験を基に、人生と事業を底上げするエッセンスを凝縮させたメルマガを配信しています。 ぜひ、ご登録してみてください。

CTR IMG